サッカー
日本サッカーの強化に携わる人々は、もっと危機感を持つべき!
〔PHOTO〕gettyimages

4-2-3-1への変更は、苦肉の策だった

ハビエル・アギーレ監督率いる日本代表が、11月14日と18日に行われたテストマッチで連勝を飾りました。北中米カリブ海地区のホンジュラスを6対0で退け、アジアのライバルのオーストラリアに2対1で競り勝ったのです。

これまで日本代表に選ばれたことのない選手や、国際経験の少ない選手を積極的にテストした9月、10月のテストマッチは、1勝1分2敗でした(注)。チーム結成直後とはいえ低空飛行の印象は拭えず、アギーレ監督は方向転換へ舵をきりました。

ブラジルW杯に出場した34歳の遠藤保仁、31歳の今野泰幸を招集し、30歳の長谷部誠もチームに呼び戻しました。さらに、ブラジルW杯での代表引退も示唆していた内田篤人も復帰させました。

この結果、ホンジュラス戦のスタメンにはブラジルW杯の代表が10人も並びました。続くオーストラリア戦では、システムも4-2-3-1にしました。それまで一貫して採用してきた4-3-3ではなく、アルベルト・ザッケローニ前監督のもとで慣れ親しんだ戦い方へ戻したのです。

4-3-3で臨んだホンジュラス戦にしても、アギーレ監督は個人的な都合でチームを離れ、試合前日しか練習を見ることができていません。つまり今回の連勝は、ザッケローニ前監督のもとで構築された土台を生かしたものだったのです。厳しい言い方をすれば、選手任せでつかんだ白星でした。

注) 国際サッカー連盟(FIFA)は11月19日までに、ベネズエラのメンバーに国際Aマッチで出場停止に相当する選手が含まれていたとして、この試合の結果を「日本の3対0の勝利」とする見解を示しました。しかし本項では、この試合がアジアカップへのテストという位置づけを持つことから、実際の結果の「2対2」を反映したものとしています。
〔PHOTO〕gettyimages

私が「選手任せ」と言うのは、オーストラリア戦の前半に理由があります。実はこの試合も、4-3-3でスタートしました。ところが、若くて経験も少ないオーストラリアに主導権を握られ、攻撃の糸口を見つけられない。4-2-3-1への変更は、苦肉の策だったのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら