政治

雑誌
深層スクープ12・14解散総選挙「全情報」安倍総理の狙いは小泉「郵政選挙」の再来だ
急転直下!いざ年内総選挙へ
〔PHOTO〕gettyimages

最初は、誰も本気じゃなかった。だが、一度吹き出した「解散風」を見て、安倍総理は決断した。「ならば、この風を利用すればいい」この勝負、吉と出るか、凶と出るか。

安倍総理は本当にハメられたか

ついに目前に迫った衆議院総選挙。

自民党内の「裏切り者」に総理はまんまとハメられ、クーデターを起こされるという最悪の形で、解散総選挙にまで追い込まれた—今回の経緯を、野党はそう言って槍玉に挙げている。

だが、安倍総理は本当に「裏切り者」の餌食となったのだろうか。

「この選挙戦が終わる時、最後に立っているのは俺だ」

むしろ、これまで密かに解散への布石を打ってきた総理は、そう心中でほくそ笑んでいることだろう。

永田町に流布する警句のひとつに、「外遊は政局のもと」というものがある。

海外で分刻みのスケジュールをこなす総理には、なかなか国内を顧みる余裕がない。行き先が遠ければ、時差も障壁となる。大事件が起きようと、政敵が好き勝手をしようと、マスコミがいくら騒ごうと、対処のしようがないのだ。

「ゴルフは好きだが、外遊のほうがもっと好き」とうそぶく安倍総理は、事実、御嶽山噴火や、小渕優子経産相と松島みどり法務相の辞任といった直近の一大事も、海外あるいは機内で耳にした。