賢者の知恵
2014年11月23日(日) 文/越智小枝(日本体育協会認定スポーツ医・相馬中央病院内科医)

羽生結弦は本番でまた頭を打ったら致死率50%だった!?
スポーツ界全体で脳震盪と競技禁止の厳しいルール作りを!

upperline
頭の怪我をおして、羽生は出場したが・・・・・・              photo Getty Images

フィギュアスケートの羽生結弦選手が頭の怪我をおして試合に出場したことの是非が、話題になっています。特に、脳震盪(のうしんとう)が疑われたのではないかということ、その状況で選手を出場させて良かったのか、ということが議論の焦点です。映像で見ると、たしかに脳震盪を疑ってもよかったのではないか、と思われる場面もいくつかあります。

しかし、実際に現場で競技を止めさせることができたかどうか、というのはまた別の問題です。理由の1つは、脳震盪が一部のスポーツ関係者を除いて非常に認知度の低い病態であること、もう1つは、厳密なルールがない限り、関係者がその場で判断を下し、中止命令を出すことがとても難しいことです。

私は自身も剣道をたしなむスポーツ医であり、大会救護などの現場で頭をぶつけた方を診ることもあります。そこで、実際の経験や報告をもとに、脳震盪の現場での判断のむずかしさを述べようと思います。

命にかかわる脳震盪

最初に、なぜ脳震盪がここまで問題になるのでしょうか。それは、脳震盪は、致命的な外傷である急性硬膜下血腫とよく似た症状を示すからです。急性硬膜下血腫と脳震盪は病院でCTを撮らない限り現場で区別はつけられません。そればかりでなく、脳震盪そのものが、繰り返すことによって命や健康に係わります。

脳震盪は、転ぶ、激しく揺すられるなどの衝撃により、脳の組織に細かい傷がつく病態です。なかには、一過性の虚血で倒れる脳貧血(立ちくらみ)と混同される方がいらっしゃるのですが、その重症度は全く異なります。

脳震盪が疑われる症状については日本ラグビー協会のガイドライン(1)や米国CDCのページ(2)によく書かれていますが、脳震盪は必ずしも「意識を失うか否か」で判断できるものではありません。もし意識があっても、こちらにかかれているような諸症状(意識障害、頭痛、ふらつき)が見られた場合にはただちに競技を中止させなくてはいけません。1度目の症状が残るうちに2度目の脳震盪、つまり「セカンドインパクト・シンドローム」を起こすと、死亡率が50%にも跳ね上がるためです。

次ページ また、短期間に繰り返すだけでな…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事