[裏方NAVI]
須黒祥子(バスケットボール国際審判員)<前編>「国際経験ゼロでの抜擢、味わった苦悩」

「好き勝手」――バスケットボール国際審判員である須黒祥子の座右の銘だ。これは須黒が最も影響を受け、恩師として尊敬している、元国際審判員の柚木知郎からの訓えだという。
「私がまだ審判員として駆け出しの頃、柚木さんに言われたんです。『コートの上では好き勝手にやればいいんだよ。こうしたら誰かに何か言われるとか、文句を言われるとか思いながら笛を吹いたら、オマエがコートに立っている意味がないだろう』って」
 須黒が柚木の言葉を座右の銘としている背景には、過去の「反省」がある。

不甲斐なさに流した悔し涙

 2002年、まだ須黒が国際審判員になる前、AA級の審判員として2年目の時だった。その年、茨城県で行なわれた全国高校総合体育大会(インターハイ)で、須黒は準決勝に割り当てられた。会場は超満員で、インターハイの独特な緊張感に包まれていた。そんな中、須黒は「ちゃんとやらないといけない」という気負いを感じていた。ところが、須黒とペアを組んだ主審はレフリーとして長年のキャリアをもつベテランで、試合前もテキパキと仕事をこなし、須黒の出番はほとんどなかった。
「私はいなくてもいいのかもしれない……」
 そう感じた須黒は、どんどん弱気になっていった。それは試合中のジャッジにも表れ、結局、自分のリズムを取り戻せないまま、試合終了の笛が鳴った。

 ひとり、ロッカールームに戻った須黒は、あまりの自分の不甲斐なさに、怒りが込み上げてきたという。そして、その怒りは涙となってあふれてきた。「精神的に弱かったんでしょうね。会場の雰囲気もすごかったですし、そんな中、全部やってもらって、“あぁ、私はいてもいなくても一緒なんだ”と勝手に卑屈になってしまったんです。その試合では、自分の仕事はひとつもできませんでした。もう二度とこんな気持ちにはなりたくないと思いました。レフリーとして泣いたのは、その1度限りですね」

 どうすれば、どんな状況でもレフリーとしての仕事をまっとうできるのか――。その答えが、先の柚木の言葉にはあった。
「柚木さんから教わったのは、“コートの中では大胆に、そしてコートの外では謙虚に”ということです」

 須黒が自らの言葉を座右の銘にしていることを知った柚木は驚きながらも、こう語ってくれた。
「私自身、コート上では自分を信じて、審判員としての仕事をまっとうするということを一番大事にしているんです。というのも、選手もコーチもそれぞれの立場で言ってきますから、審判員が自分の考えできちんと判断することができなければ、試合は進まないんです。ただ、試合後はきちんと話を聞きます。これも審判員としては重要なことなんです。彼女は、そのことも理解しているようで、嬉しいですね」

 緊張してなかなか笛が吹けなかった駆け出しの頃から須黒を知っている柚木にとって、印象に残っている試合がある。09年、全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)の男子準々決勝だ。その試合中、須黒のジャッジに対して、ある選手が強く抗議をしてきた。すると、須黒はすかさずテクニカルファウルを取ったのだ。その姿を見て、柚木は彼女の成長ぶりが見てとれたという。
「女性審判員が、オールジャパンの男子の試合で笛を吹くのは初めてだったんです。にもかかわらず、彼女はまったくひるむことなく、堂々としていました。いやぁ、頑張っているなぁと思いましたよ」
 柚木には同じ審判員として須黒が頼もしく見えていた。