[フィギュアスケート]
白戸太朗「あれから何を学ぶべきなのか?」

ソチ五輪で金メダルを獲得し、世界からも注目を集める羽生

 羽生結弦選手が8日に行われたフィギュアのスケートグランプリシリーズ第3戦、中国杯の練習滑走中に他の選手と衝突し、負傷しながらも試合に出場した。この判断に対して、その後も様々な意見やコメントが出ている。僕自身も選手であったり、大会主催者であったり、報道する立場であったりと、この事件に関して思うことも多い。数々の見解を聞かせてもらう中で、いろいろと考えさせられている。

 まず、スポーツ指導者やドクターの見解。一度、脳に衝撃を受け、脳震盪などを起こした選手をすぐ現場に復帰させるのは危険極まりない。もし、彼が演技中に転倒して再度、頭を打ったなら、選手生命はおろか、命の危険さえあったかもしれない。本人の意思に関わりなくドクターやチーム関係者が止めるべきである。

 これは、もはやスポーツの世界では常識となっているので、僕も競技が継続されているのか怖かったし、不思議だった。スケートにはアクシデント後に競技復帰を禁じるルールがないのか、この業界にはその認識がないのか……。日本スケート連盟は「脳震盪を起こしていなかった事実を確認していた」とコメントしたそうだが、そもそも自国チームのドクターさえ帯同させていない状況を聞く限り、無責任に感じてしまうのは僕だけだろうか。

 スポーツ関係者の批判に対し、「羽生選手の判断を他人がとやかく言うべきでない」「彼に対して失礼だ」などの反論も数多くある。あのシーンを見て彼の強い意思を感じなかった人もいないはずだ。本人が自らのリスクを承知でとった行動を他人が批判するのはおかしいということだろう。

 ただ、世界を目指していた選手の端くれとして思うのは、選手が命を懸けて闘ったり、少々の痛みを抱えていても、競技を継続しようとするのは当たり前。誤解を恐れずに言うならば、その競技で世界を目指し、多少なりともお金をもらっている者として、少々の痛みや怖さなど吹き飛ばさなければならない。いかなる競技においても、第一線で戦っている選手は、その覚悟があるはずだ。僕もフィニッシュしてから骨が折れていたなんていうことがあったが、レース中は極度の興奮と気合で乗り切れてしまう。終わった瞬間に激痛を感じて……などということもあった。選手とはそんなものである。