「聴くこと」を通じて、これまで語られていない魅力を伝える。それがインタビューの価値---インタビュアー・田中嘉
インタビュアー・田中嘉氏(11月中旬、新宿にて)

現代社会において、話す人は多くいるが、「聴くこと」ができる人は少ない。

もしまだ語られていないことを聴くことができるのならば、世の中にこれまで伝わることのなかった人・もの・ことの魅力を伝えることができる。聴くことにはその価値があるのにもかかわらず、それらはたいていの場合、"聴き手"の不足により語られずに埋もれている。

みなさんは、インタビュアー・田中嘉氏(23)を知っているだろうか。19歳でインタビューをはじめ、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)清水唯一朗研究会でインタビューを学び、20歳で日本インタビュアー協会認定インタビュアーの資格を取得している人物だ。

これまでに、音楽家・坂本龍一氏や元Google日本法人代表取締役・辻野晃一郎氏、スカイマーク株式会社代表取締役・西久保愼一氏、ジャーナリスト・佐々木俊尚氏、映画コメンテーター・LiLiCo氏など、150名以上にインタビューをおこなってきた。

2014年3月に慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、フリーのインタビュアーとして活動していたが、同年8月、徳島県美波町に1年間の移住を決意。地域の魅力発掘と発信に取り組んでいる。

今回、「EPOCH MAKERS 2020」で田中氏を取り上げようと考えていたところ、11月中旬に一時帰省したタイミングがあり、話を聴くことができた。インタビューとはなにか。その価値とは。彼の現在地を確かめる---。