雑誌
衝撃スクープ!フォークで刺されたはずの盲導犬オスカー「実は刺されてなんか、いなかった」日本中が激怒した事件に意外な新証言が……

「盲導犬オスカー刺傷事件」はあまりに大きな反響を呼んだ。しかし、3ヵ月が経った今も、犯人は捕まっていない。一体犯人はどこにいるのか。取材を進めるうちに衝撃の事実が浮かび上がってきた。

警察が隠していること

「もう、いいじゃないですか、その話は……」

盲導犬オスカーの近況について尋ねると、飼い主の近所に住む住人たちは、異口同音にそう答えた。その口ぶりは、まるで何か言いにくいことを隠しているようにも取れた。

今年7月、盲導犬オスカーが何者かに背中を刺されて大騒動となったのは、記憶に新しい。

埼玉県さいたま市に住む全盲の男性(61歳)が連れていたオスカー(オス・8歳)が被害に遭ったのは、男性が自宅を出て職場に着くまでの、通勤経路のどこかだと見られる。

「フォークのようなもので強く刺された」という獣医師の診断を受け、飼い主は警察に被害届を提出した。

その時の心境を飼い主はこう語っている。

「犯人には『自分で自分の体を刺してみろ』と言いたい。同じ赤い血が出るだろうと。抵抗できない犬を狙うなんて許せない……」

通常、「犬の傷害事件」の被害届を警察が受理することはありえない。だが「オスカー事件」は日本中で話題になったこともあり、埼玉県警は異例の30~40人の捜査員を投入し、捜査に当たった。

「犯行」は白昼の、人目につく場所で行われたわけで、当初「犯人」の逮捕は時間の問題と思われた。だが、事件から3ヵ月が経過した今も、犯人逮捕の一報はもたらされていない。それどころか「埼玉県警は今、頭を抱えているんです」と明かすのは、地元支局に勤める全国紙の記者だ。

「もちろん、犯人を捕まえられないことに悩んでいるのですが、それは捜査が行き詰まったからではありません。捜査すべきことはすべてやりきった。でも手がかりや目撃証言が何一つ集まってこないんです。

実は県警幹部は、一つの『結論』に到達しようとしています。その結論を私たち地元の記者も地元民も知っていますが、とてもじゃないけど紙面には書けなくて……」

封印されている結論は、こういうことだ。