小峯隆生 第3回 「トツカマスクシリーズは週刊プレイボーイを100万部の大台に乗せる秘密兵器だった」

撮影:立木義浩

第2回はこちらをご覧ください。

シマジ しかし、コミネが大活躍してくれたトツカマスクシリーズは面白かったねえ。

立木 さっきもでてきたけど、トツカマスクっていうのはなんなんだ?

コミネ トモジさんが閃いたキャラなんですけど、まあ、いい加減というか出鱈目というか。戸塚ヨットスクールの戸塚校長が乱れに乱れた世の中に憤慨し、拘置所から脱獄して正義の味方タイガーマスクの仮面を被り、「トツカマスク」を名乗って世の中を直すという、なんとも強引な企画でした。

立木 たしかにくだらないね。戸塚校長に訴えられなかったのか?

シマジ それが、戸塚校長が出所してからわざわざ編集部を訪ねてくれて、「いろいろ応援ありがとうございます」と逆に礼をいわれたんだよ。でもコミネ、トツカマスクシリーズは大当たりだったんだよな。

『若者のすべて』
⇒立ち読みはこちら

コミネ はい。最初に登場した号からしてほかの真面目な特集をぶっち切り、いきなり人気トップに躍り出たんです。トツカマスクシリーズは週刊プレイボーイを100万部の大台に乗せる秘密兵器だったとぼくはいまでも確信しています。

ヒノ 面白そうですね。どんな内容の特集だったんですか?

コミネ ヒノさん、よくぞ訊いてくれました。第1回目は日本最強のナンパの島、新島に突撃取材に出かけたんです。1983年7月29日金曜日の午後11時、トモジさんとぼくは2人だけで竹芝桟橋から「さるびあ丸」に乗船し旅立ちました。