とんとん拍子にできた47社目のメディアコンテンツ事業で、日本とアフリカをつなぐ架け橋に
会社のスタッフたちと最近撮った1枚

アフリカでビジネスをしている金城です。前回からちょっと間が空いてしまいましたが、またちょこちょこ書いていきたいと思いますので、改めてよろしくお願いします。

僕はアフリカで50社以上を経営しているわけですが、今回は、僕自身が実際にどんなビジネスをしているのか、またどうやってビジネスが作られていくのか、一つの会社を例に書いていきたいと思います(確かこの会社は47社目くらいだったと思います)。いろんな分野の事業の経営を行っているせいか、何をしているのか分からない人だとよく言われるんで、ここいらでビシッと書いといたほうがいいと思いまして。

そもそも、ビジネスにおけるアフリカの魅力とはなんでしょうか。

資源、増え続ける人口、経済成長……挙げ出したらキリがありません。けど、僕が思うアフリカビジネスの魅力は参入可能な産業が溢れていることですね。さらに言えば、遠いようで日本との強い絆が確実にあることです。

悪乗りでまた一つ会社ができちゃった

最近、日本人や日本企業から多くの相談を受けることになった僕。客観的に見てもかなり多いと思います。どこかで宣伝しているわけでもないのですが。

そんなこんなで持ち込まれる相談事は、正直無茶ぶりも多い。僕への信頼があるとか、僕の実績がどうこうというより、まだまだ日本企業にとってアフリカ市場の情報が不足しているというのが一番の原因でしょう。

数ヵ月前、僕は相談を受けたとある案件に頭を悩ましていました。

その案件とは某イベントについてのもの。クライアントからの依頼内容は、そのイベントできちんと収益をあげ、そこに投じた金額を回収したいというものです。だったらイベントの立ち上げ時から僕を頼ってくれと思ったりもするのですが、最初から頼ってくれないところに僕への信頼度の低さが見え隠れします(笑)

イベントに関わったことがある方ならわかると思うのですが、この依頼は完璧に敗戦処理。そもそもの計画がつぶれた後に何とか赤字を少なくしたいというだけの話です。しかもかなり苦しいのは、そのイベントがもともと社会貢献的な意味合いが強く、収益をあげるタイプのイベントではないんですよね。そして、クライアントからは社会貢献的な意味合いは削りたくないという要望が。

この条件で収益をあげないといけないなんてかなりの無理ゲーなんですよ。正直どうしようもない。何とかしてあげたいんだけども、解決策が見当たらない。その時はホテルのラウンジでコーヒーを飲んでいたのですが、そのコーヒーが全く減りませんでした。