現代新書カフェ
2014年11月15日(土) 西村博之,池上正樹

ひろゆき×池上正樹 徹底討論〈前篇〉
あなたは大丈夫? 40代以上の100万人がひきこもるニッポン

〈前篇〉 なぜこんな国になってしまったのか

upperline

ひろゆきこと西村博之氏(写真左)と、『大人のひきこもり――本当は「外に出る理由」を探している人たち』(講談社現代新書)を先ごろ上梓した池上正樹氏(写真右)が、4年ぶりに〝激突〟。予備軍も含めると「40代以上の大人のひきこもり=100万人」という日本が抱える大問題をテーマに、語り合った。2010年と比較して、「ひきこもり」はどう変化したのか。なぜ、中途採用にいくら応募しても、採ってもらえない状況があるのか。ひきこもる人々はもちろん、コミュニケーションが苦手な人にとっても、活躍できる居場所は必ずある――。それぞれの立場から二人が持論を展開、打開策を探った。

ハローワークの〝カラ求人〟!?

池上 僕が「ひきこもり」をテーマにした前著『ドキュメント ひきこもり』(宝島社新書)を刊行した2010年、はじめてニコニコ動画に出演させていただき、ひろゆきさんと対談しました。でも実は、(ニコ動の視聴者層は)もともと僕が仕事していた活字媒体の読者層とは違うだろうし、見えない相手からコメントされることに対する怖さもあって、何度かお断りした経緯があり、いやいやながら引き受けたのが正直なところでした(笑)。

 そうしたら意外なことに、その時のニコ動を見た人たちがたくさんいて、以来、ひきこもりに関する講演活動で全国各地を訪ねると、行く先々でひきこもりの当事者の人たちから「ニコニコ動画見ました」「池上っていうのはどんなヤツなのか、ちょっと会いに来ました」って、言われるようになりました。

ひろゆき 「ひきこもり」当事者の場合、たしかに活字で読むという人より、ネットで見る人のほうが多いでしょうからね。

池上 社会とのつながりがネット中心という人も多いようです。そういうことが何度もあって、ニコニコ動画というのは効果があるんだな、と痛感しました。

ひろゆき テーマがテーマですからね。「ひきこもり」やってる人で、ネットやってる人、多いですからね。

池上 特に地方の人の場合、他に行くところがないし外に行く場所もないということで、しょっちゅうニコ生とかを中心に見ている人が多い、という話をよく聞きます。

ひろゆき 2010年と比較して、「ひきこもり」の状況はどう変化していますか?

次ページ 池上 体感的には増え続けていま…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事