[裏方NAVI]
須黒祥子(バスケットボール国際審判員)<前編>「国際経験ゼロでの抜擢、味わった苦悩」

 今や日本のバスケットボール界で、彼女の名を知らない者はいないと言っても過言ではないだろう。日本人女性において国際審判員第1号の須黒祥子だ。これまで何度も国際大会で笛を吹き、その経験値を買われて2012年ロンドン五輪の審判員にも抜擢されるほどの腕前をもつ。そんな須黒が、初めて公式戦での国際舞台として笛を吹いたのが、04年アテネ五輪だった。当時は国際大会未経験の自分が選ばれた理由も、審判員としての自信もなかった須黒には不安しかなく、実際何もできなかったという思いしか残らなかったという。選ばれし審判員しか知ることのできない、もうひとつの五輪の舞台がそこにはあった――。

 今からちょうど10年前の04年3月10日は、須黒には一生忘れることのできない日となった。母親の誕生日だったというその日、彼女のもとに1本の電話がかかってきた。須黒がアテネ五輪の審判員に選ばれたという、日本バスケットボール協会からの知らせだった。
「何で私なのか、まったくわからず、ただただビックリしました」
 わずか3カ月前に国際審判員の資格を取得したばかりの須黒はその時、公式戦ではただの一度も国際マッチで笛を吹くという経験をしていなかったのである。

「オリンピックの舞台を踏むことなんて、それまでまったく考えたこともありませんでした」
 中学、高校とバスケットボール部で選手として活動していた頃も、オリンピックを夢見ることは一度もなかったという須黒。そんな彼女は、03年に国際審判員の資格を取得しても、オリンピックは他人事でしかなかった。いったいなぜ、国際バスケットボール連盟(FIBA)は、須黒に白羽の矢を立てたのか――。

「当時はまったくわかりませんでしたが、今になって考えると、時代の流れだったのかなと。ひとつはFIBAが、チームとしてもレフリーとしても、アジアのグレードを上げようとしていたこと。もうひとつは女性のレフリーを発掘して、女子のゲームは女性レフリーが吹くようにしたいということ。そういうFIBAの考えがあったんじゃないかと思うんです」
 FIBAにとって日本人女性初の国際審判員となったばかりの須黒は、まさにうってつけの存在だったのだろう。だが、当の本人はとすれば、国際経験がないまま、オリンピックで笛を吹かなければならなくなったことに、不安しかなかったという。