[格闘技]
近藤隆夫「『K-1』が鮮やかに復活!」

11.3「K-1 WORLD GP IN JAPAN」を観た後で

かつての熱狂戻った旗揚げ戦

4000人を超すファンが会場を埋め尽くした。(C)M-1 Sports Media

『K-1』、日本で復活! そう感じるに十分な熱いイベントだった。
 11月3日、東京・代々木第二体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2014 IN JAPAN』のことである。

 K-1のフレーズがテレビから消えて久しい。私の記憶に残っている最後の大会は、2010年12月11日、有明コロシアム大会(K-1 WORLD GP FIMAL)。この時、アリスター・オーフレイムがピーター・アーツを決勝で破り、優勝を果たしている。いや、その後、一度だけ、日本国内においてK-1と名のつくプロの大会が開かれた。

 2012年10月14日に両国国技館で、新運営会社『K-1 Global Holdings Limited』の主催で『K-1 WORLD GP FINAL16』が開かれ、メインエベントはミルコ・クロコップが登場したが、それは寒々しい大会だった。

「これがK-1なのか……」
 そんな声が漏れるほどに。ここから日本でのK-1が復活してくれればと、私も願ったが、想いは叶わなかった。観客も少なく、またファイトのレベルも決して高いとは言えず、かつてのK-1のような熱は生じなかった。

 だが、今回の11.3代々木決戦は違った。
 ヘビー級を中心としたK-1ではないが、かつて魔裟斗を中心に中量級が躍動した熱さを存分に醸していた。

 日本を代表するキックボクサー、HIROYA、左右田泰臣、山崎秀晃、久保優太が、-65キロ級トーナメントにおいて海外強豪選手を迎え討つ。チケットはソールドアウト、満員の観衆が見守る中、死闘が演じられた。