[野球]
上田哲之「福岡ソフトバンクとSFジャイアンツ」

 まずは、福岡ソフトバンクに敬意を表しておきたい。リーグ優勝を果たしたうえでの日本シリーズ制覇、おめでとうございます。何よりも、この両方をクリアしての日本一、というのが素晴らしい。

 日本シリーズは、阪神に対して4勝1敗とやや一方的な展開になったけれども、どなたも指摘なさるように、第2戦での武田翔太の好投がターニングポイントだった。第1戦を快勝した阪神の原動力、4番マウロ・ゴメスを止めたことが大きい。そして、その武器となったのは、独特の大きく曲がり落ちるカーブだった。第3戦の大隣憲司の好投も光ったし、優勝を決めた第5戦の摂津正も、武田同様、大きなカーブで的を絞らせなかった。

 と書いてくると、ソフトバンクの強さの秘密は、強力投手陣にあるような気がしてくる。もちろん、そういう側面もあるだろう。多額の補強費をつぎこんで強大な戦力を形成した結果という側面もある。だからこそ、投打の戦力がバランスよく整った、と評してもよいだろう。だが、決してそれだけではない、と思うのだ。むしろ、今年の強さの一番の本質は、打力にこそあったのではないか。そして、日本野球の歴史において、それは注目すべき事態なのではないか。

 例えば、日本一を決めた10月30日の先発オーダーを並べてみる。柳田悠岐、明石健志、内川聖一、李大浩、松田宣浩、中村晃、吉村裕基、今宮健太、細川亨――。このうち、柳田、内川、李、松田、中村の5人が3割打者である。この日は欠場しているが、長谷川勇也もそうだ。

 こういうと、歴史上、もっと強打のチームはあった、と反論されるかもしれない。もちろん、V9巨人にはON(王貞治と長嶋茂雄)がいた。西武ライオンズ黄金期には、秋山幸二、清原和博、デストラーデという強力なクリーンアップがあった。阪神には、掛布雅之、ランディ・バース、岡田彰布という時代があった……。こうして、日本野球でも、かつての強打のチームを挙げることはできる。

 しかし、今年のソフトバンクの場合、そのような伝説的な強打線とは、やや異質なものがないだろうか。それはおそらく、特定のスーパースターがいるというより、チーム全体で強打者を作り出している事情に由来する。もちろん、内川はFAで獲得したし、李もソフトバンクが育てたわけではない。

 一方で、彼らがON級の突出したスーパースターかといえば、そこまででもない。むしろ、柳田、中村、長谷川、松田ら球団生え抜きで育成されてきた強打者たちとうまく適合して、打線を形成している観がある。ちなみに2014年のパ・リーグ打撃ベストテン(規定打席以上)をみると、柳田、中村、内川、李、長谷川が3位から7位に並んでいる。首位打者もホームラン王も打点王もいない(中村は最多安打)。これだけ見ても、突出した特定の打者によるものではなく、チームとしての強打だったことがわかる。

 報道によれば、秋山監督の、さすが元大打者というアドバイスがあったり、藤井康雄打撃コーチや藤本博史打撃コーチの力もあるようだ。だが、おそらくこの結果を特定のどなたかの力量に帰すのは、正鵠を射ていないだろう。むしろこのチームには、若手は出てきたら3割打てるまで育つことができるはずだ、という、いわば文化が醸成されてきているのだ。そして、これこそが重要なことである。

 強いチーム作りの基本は投手力から、と言われる。間違ってはいない。投手が2、3点に抑えれば、勝つ確率がぐんと高くなるのが野球というスポーツだ。日本の場合、特に投手中心の野球観が優勢であった。だが、その堅固な投手力に、チームとしての打力で対抗するところに、このスポーツの真の面白さがあるのではないか。今季のソフトバンクは、そういう日本野球の一段ステップアップする可能性を見せてくれたチーム、と言えるのではあるまいか。