[サッカー]
大野俊三「アギーレジャパン、ブラジル戦の意義」

 10月10日のジャマイカ戦、14日のブラジル戦を終えて、アギーレジャパンの戦績は1勝2敗1分けとなりました。勝ったジャマイカ戦を除いた3試合は2失点以上を喫しており、“守れないと勝てない”という事実が如実に表れています。ディフェンスの組織化はまだまだで、4失点を喫したブラジル戦では前線からの守備に改善の必要性を強く感じました。

不十分だったプレスの意思統一

 ブラジルで最も脅威となる選手は、言うまでもなくネイマールでした。日本の選手も十分に理解していたと思いますが、終わってみれば4ゴールを叩き込まれました。日本はどうすればネイマールを止められたのか。ポイントは彼にボールが渡る前でボールを奪えるかどうかでした。どんなにネイマールをマークしていたとしても、後ろでパスを回され、その間に動き直されて彼にマークを外されればパスを通されるからです。

 日本はブラジルの選手たちに自由にボールを回され、ネイマールへのパスの供給源を潰すことができませんでした。なぜか。前線からのプレスに関する意思統一が不十分だったからです。相手のDFが余裕のある状態でボールを持った時は、FWには攻撃の進行方向を限定させるプレスが求められます。そして中盤、最終ラインと連係しながらボールを奪うタイミングをはかるのです。

 しかし、ブラジル戦ではFWが焦ってプレスをかけ、不用意にスペースを与えてしまっていました。これでは自らリスクを高めているようなものです。ボールを奪えそうな時と、そうでない時の対応を選手間で統一できれば、より強固で安定した守備組織を形成できるでしょう。

 守備の組織化を進める上で、代表のチームスタッフに守備専任コーチなるものを設置するのもひとつの手ではないでしょうか。監督の最終的な仕事は全体をコーディネートすること。監督が守備ばかりに時間を割くことはなかなか難しいものです。そこで、監督の守備理論を選手に浸透させるコーチがいれば、時間の限られた代表活動でも練度を高められると私は見ています。

 ここまでディフェンスの組織力の重要性に触れてきましたが、もちろん、個の能力向上も必須です。プレスをかけた時に、どのタイミングで体を入れてボールを奪いとる、もしくは突っつくのか。そういった守備の判断、スキルを高めるにはトレーニングあるのみです。各選手が意識して守備面における個のレベルアップにも取り組んでほしいですね。