スポーツ

山口高志×江夏豊「史上最速の投手は誰か、今日こそ決めようやないか」
プロ野球スペシャル対談『君は山口高志を見たか』刊行記念 

2014年11月06日(木) 週刊現代
週刊現代

江夏 ストライクゾーンで空振りが取れるからな。巨人にいたクルーンは160㎞の球速があった。だが、藤川の150㎞とどちらが打ちにくいかと言えば、藤川だろう。彼の投球には「間」があり、直球には伸びがある。

山口 手前味噌になりますが、うちの藤浪晋太郎のベストピッチも素晴らしいですよ。

江夏 ただ、今年大谷(翔平)を現場で見たら、モノが違うと思ったね。大谷には天性のものがある。

山口 確かに、現時点でのフォームを比べれば、大谷がワンランク上かもしれません。

江夏 藤浪のいい所は器用さ。状況に応じて、いろんな球種を放れる。甲子園優勝という経験を財産にしているんやね。ただ逆に言えば、困った時に投げられるボールがない。スライダーでもカットでもなんでもいい。それをこれから作らないといけない。投球を見ていると、藤浪は視野が広く、大谷は一点に集中しているという印象を受ける。二人とも良い投手だが、速い球を投げるという点では、大谷のほうが向いているんじゃないかな。

山口 そうですね。ただ、藤浪もこれからフォームが定まって、体もできてくれば、まだまだ進化するはずです。

江夏 まあご両人にはこれからリーグを代表するピッチャーになってもらわないといかんからな。

山口 二人には太く長くやってほしいですね。

江夏 高志は太く短くやったもんな。

山口 はい。4年目で腰を痛め、球速も落ちてしまった。そこで投球スタイルを変えるという選択肢もあったかもしれませんが、速球を捨てることができなかった。その後、理想の真っ直ぐを取り戻そうと4年間やりましたが、戻りませんでした。

江夏 たとえ短い期間だったとしても、高志が物凄いボールを放っていたのは紛れも無い事実。プロ野球史上最速は誰か。この問いに答えるのはやはり難しいが、デビューからの4年間に限れば、間違いなく最速は高志だったよ。

 
君は山口高志を見たか』
著者= 鎮勝也
講談社 / 定価1,620円

◎内容紹介◎

1970年代、関西大学、松下電器そして阪急ブレーブスのエースとして剛速球1本で並みいる強打者を圧倒した伝説の投手がいた。身長169㎝、カーブは曲がらない。それでも1975年に新人王、日本シリーズMVPに輝く。すぐに肩を壊して短い現役生活を終え指導者として活躍した。いまだに日本最速の投手として名前が挙がる山口高志を丹念に取材したスポーツノンフィクションの傑作だ。⇒本を購入する AMAZONはこちら

やまぐち・たかし/'50年、兵庫県生まれ。'75年に阪急へ入団。速球を武器に活躍し、新人王、日本シリーズMVP、最優秀救援投手などを獲得。'82年に引退。現在は阪神の一軍投手コーチを務めている
えなつ・ゆたか/'48年、奈良県生まれ。'67年に阪神へ入団。長く球界を代表する投手として活躍し、日本プロ野球記録であるシーズン401奪三振をはじめ、数々のタイトルを獲得。'84年に引退

「週刊現代」2014年11月8日号より

previous page
5


Special Feature
最新号のご紹介