雑誌
イスラム国に憧れる若者たち 人を殺しても「戦場なら無罪」という論理 「自分探し」で海外に渡り、見ず知らずの他人を撃つ
〔PHOTO〕gettyimages

「1人殺せば犯罪者、100万人殺せば英雄」とは昔から言われる皮肉だが、罪の大きさに違いなどあるわけがない。まして、「見知らぬ土地で暴れたい」という幼稚な願望で人を殺すなどあってはならない。

知識も覚悟もないのに

「『国民国家の解体』といったイスラム国の理念に賛同する人々は、すでに世界16億のムスリムのうちの少なからぬ数にのぼり、国際社会が無視することのできないほどの政治勢力を形成しています。そうである以上、その政治的意見が何を意味するのか、何を目指しているのか、これから世界にどのような影響を及ぼすのかをまず『訊ねる』というのが常識的な態度でしょう」

こう語るのは、神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏だ。現在、シリアとイラクの広範囲で勢力を拡大しているイスラム国。彼らは自分たちの戦いを「世界を救うための聖戦」と主張するが、アメリカをはじめ多くの国家は「虐殺」「侵略」そして「テロ」と断じ、すでに空爆も行われ多くの市民が巻き添えとなっている。

これ以上悲劇を拡大させないためにも、内田氏はこう提言する。

「われわれの社会では、誰でも己の政治的信条を表明する言論の自由があります。同意する人は同意するし、反対する人は反対する。言論の自由というのは、そのようなさまざまな意見が行き交った結果として、落ち着くところに話が落ち着くはずだという『言論の場の判定力への信頼』を前提にしています。そうである以上、どのような『驚愕すべき政治的意見』であっても、その表明を強権的に禁圧すべきではない。『聞いたことのない理説なので、耳を貸さない』というのは単なる知性の停止に過ぎません」

今月6日、「26歳の大学生がイスラム国へ渡航し、兵士となることを企てていた」というニュースが駆け巡り、日本中に衝撃を与えた。だが時間が経ち、事件の全容が明らかになるにつれて、世間もこの一件をどう扱ったらよいのか戸惑いを隠せなくなっている。