[裏方NAVI]
細谷理(ラケットストリンガー)<後編>「錦織圭、プロ宣言前の教訓」

 今や世界のトップ選手の仲間入りを果たした錦織圭。彼が1試合にストリング張りを依頼するラケットの数は6、7本。多い時には9本出すこともある。さらにオンコートの数も少なくなく、ストリング張りの本数もまた世界トップだという。そんな錦織だが、かつては最も少ない部類に入っていた。彼がラケットへの意識を高め、本数を増やし始めたのは、ストリンガー細谷理のあるひと言がきっかけだった。

 2007年秋のチャイナ・オープンでのことだ。細谷はオフィシャルストリンガーとして、会場入りしていた。当時、17歳だった錦織は上り調子だった。その年の3月、ジュニアのルキシロンカップで優勝。7月のLAテニス・オープンでは予選を勝ち上がって、自身初のツアー本戦出場を果たすと、翌週のRCA選手権では日本人男子史上最年少となるATPツアーベスト8進出。テニス界では“Kei Nishikori”の名が知られ始めていた。

 チャイナ・オープンで予選を勝ち上がった錦織は、本戦の初戦、現在は同世代のライバルであるミロシュ・ラオニッチ(カナダ)のコーチ、イワン・リュビチッチ(クロアチア)と対戦した。試合前日、細谷の元を訪れた錦織はストリング張りを依頼した。その時、細谷は驚いた。錦織が手にしていたラケットはわずか1本だったのだ。相手はその年、全豪、全米オープンで第4シードの選手である。その選手を相手に、3セットマッチとはいえ、たったの1本で勝負しようとしていたのだ。翻ってリュビチッチは、4本のラケットを出していた。細谷にしてみれば、既にそこで勝負はついているように思われた。そして、それをそのまま錦織に伝えた。

「おそらくリュビチッチは、君のことはほとんど知らないだろう。それでも、彼は予選上がりの君に対して4本のラケットを出している。ところが、君は世界のトップ選手を相手に、センターコートでこれから戦おうとしているのに、1本しか出してこない。これじゃ、勝負にならない!」

 すると、錦織は狐につままれたかのように、キョトンとしていた。彼は相手を軽くみていたわけでも何でもなく、トップ選手がそれだけの本数を出していることを知らなかったのだ。
「えっ!? そういうものなんですか? 全然知らなかった……」
 驚く錦織に、細谷は「覚えておくといいよ。ストリングの張り替えって、勝敗を左右する、とても重要なことだからね」とアドバイスを送った。

 チャイナ・オープンを終えた錦織は、日本国内で開催されるAIGジャパン・オープン(現・楽天ジャパンオープン)に出場するため、帰国した。そして10月1日、プロ宣言をし、ジャパン・オープンでプロデビューを果たした。つまり、ストリングの重要性を、アマチュア最後の大会で知ったのだ。

「結果的に僕が圭に説教をしたような感じになりましたけど、これからの選手でしたから、知っておいた方がいいかなと思ったんです。ただそれ以降、圭がストリング張りに対して意識が変わってきたのは確かです。出してくる本数が徐々に増えていって、今ではどの選手よりも多い。その分、作業は大変なんですけどね(笑)」
 今や世界ランキング最高6位にまでのぼりつめている錦織。細谷にすれば、彼の本数の多さは、ストリンガー冥利に尽きることだろう。