The Shopping Guide~干場の自腹買い
第1回 銀座テーラーのオーダースーツ

数々の男性誌に携わりながら、編集者として、ファッションディレクターとして、さまざまなアイテムを見てきた編集長の干場義雅が、40代の男性に相応しいアイテムを自腹で買って紹介する連載。第一回目となる今回は、1着で数シーン楽しめ、船旅に似合うオーダースーツをご紹介します。

オーダースーツならではの着心地と機能性

軽かったり、通気性が良かったり、シワになりにくかったり……。荷物の量が限られている旅や出張で着るスーツは、機能性もさることながら汎用性(着回し力)の高さが求められるものです。さらに、ドレスコードが必要とされる船旅ではエレガンスも同時に求められます。

そこで上記の条件を満たすような船旅に似合うスーツを、銀座テーラーで仕立ててみることにしました。

上下揃いで着ればフォーマルなシーンに似合うスーツスタイルとして。Tシャツ&ブルージーンズに合わせれば、カジュアルなスタイルで。ノーネクタイで白いパンツやグレーのパンツに合わせれば「エレガントカジュアル」なドレスコードの船旅に似合うジャケット&パンツスタイルとして。さまざまなシーンで活用できる一着は、費用対効果の高い“エコラグ”なワードローブになるはずです。

スーツの特徴は、なんといっても素材。銀座テーラー80周年を記念してドーメル社と共同開発されたオリジナルの素材を使用しているのが特徴です。飛行機や船旅でも快適に過ごせるナチュラルストレッチを採用。アイコニックナノの撥水加工は後加工になるので、従来のものと違い、繊維の奥のナノレベルまで浸透するため、従来の撥水加工のように膜を張ったものにならないのです。だから、水をはじきつつも、通気性があるものポイント。

デザインは、クラシックさは保ちつつも、適度に時代性を入れています。ラペル幅はやや細く、2ボタンで、上着の着丈をやや短くしているため脚長効果もあります。また、全体的に細身に見えるシルエットながら、着心地は損なわないように、さまざまな部分に着心地がよく感じられる工夫を。アームホールは小さく、ナチュラルショルダーにして、さらに背幅を広くとっているので着心地が窮屈ではありません。パンツの腰回りには、浅めの2プリーツを入れているので、細身ながら余裕のある履き心地を感じていただけます。今回は、船旅での着用を考えて作っていますので、地中海に似合うようなやや明るめのネイビーブルーの色調にしていますが、もちろん仕立てなので、他の色を選ぶことも可能です。ぜひ、一着仕立ててみては?

オーダーメイド スーツ ¥225,000(+Tax)
ハンドメイドの場合 スーツ ¥360,000(+Tax)

銀座テーラー
03‐3571‐4129 
http://www.gintei.com

Movie:Jintarou Hattori
Text:FORZA STYLE