高橋洋一「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

東大だって「L型大学」だ!真の「G型大学」が存在しない日本で教えるべき「経済」とは

2014年10月27日(月) 高橋 洋一
upperline

G型大学とL型大学。今大学関係者の間で話題になっている言葉だ。

G型大学はGLOBALのG、L型大学はLOCALのLだ。経営コンサルタントの冨山和彦氏が、文科省の有識者会議(→こちら)でプレゼンした資料(→PDFはこちら)に出てくる。

日本経済は、自動車・電機機械などグローバル経済と互角に競争している経済圏と交通・飲食・社会福祉などグローバルと関係なく地方経済で活躍している経済圏と産業構造が二つに分かれている、というのが一般的な説明だ。冨山氏はそれを大学にあてはめると、G型大学とL型大学になると言う。

筆者のように、生粋の学者ではなく、役所を退職してから大学に来た身からみれば、冨山氏の大学観についてそれほど違和感はない。ただし、一般社会の経験がない純粋培養の学者からみれば、冨山氏の大学観はびっくりするだろう。

さすが、トップ・コンサルタントの冨山氏の資料では刺激的な表現が満載である。例えば、資料6ページにはG型大学は「極一部のTop Tier校・学部に限定」とされ、残りはL型大学として、資料7ページ(下図)のようなものを教えるべしという。

おおざっぱに言えば、今のような文系学部は不要で、専門・各種学校のように直せという意見のようだ。資料8ページには、「文系のアカデミックライン(L型大学には、従来の文系学部はほとんど不要)の教授には、辞めてもらうか、職業訓練教員としての訓練、再教育を受けてもらう」と書かれている。

簿記・会計より理論重視の大学教員たち

冨山氏のプレゼンに対し、多くの大学教員と思われる人から、ネット上で反対の声があがっている。これはいつものパターンで、教育を知らないコンサルの意見はあてにならない、という類いだ。プレゼンの大きな目的は、問題の所在を知らせるということなので、関係者に反対の声がすぐ出たのは大成功だ。しかも、関係者の反対が大きいというのは、筆者の経験則上、ずばり本質を突いていることがある(もちろん、まったく筋違いの大外れのこともある)。

筆者の関係している経済・経営学部をみると、冨山氏はL型大学で学ぶべきは「マイケルポーター、戦略論」ではなく「簿記・会計、弥生会計ソフトの使い方」と書かれている。

次ページ これを見た大学教員の反応は、①…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事