雑誌
ソニーをダメにした全員実名「5人の男」たち 環境が悪いのではない。組織は常に「内側」から腐る
〔PHOTO〕gettyimages

かつては世界中のファンが憧れ、心を躍らせた「SONY」の4文字。いまやその栄光はどこにも見る影がなくなってしまった。ソニーを蝕んでいったのは、他でもなくソニー内部の人間たちだった。

大赤字の「戦犯」

「ソニーがここまで凋落してしまったのは、完全に『人災』です。今の幹部の大多数は、真剣に10年、20年先のソニーのあるべき姿を考えているとは到底思えません。このままだとソニーは本当に取り返しのつかないことになるという危機感が、彼らには足りない」

こう嘆くのは、ソニー元幹部だ。

9月の会見で、'15年3月期の連結決算が2300億円もの赤字となる見通しを発表したソニー。2年連続の最終赤字を計上することが決定的になったが、さらに会見では'58年の上場以来、初の無配に転落することも明らかになり、株主の怒りと失望を買った。

今、ソニーは史上最悪と言える状況に立たされている。そのなかで、会社を立て直すべく先頭に立って社員を牽引し、鼓舞できるような経営幹部が求められている。ところが、本誌が取材してみると、今のソニーには残念ながら、そうした幹部はほとんどいないことが明らかになった。冒頭の元幹部が続ける。

「今の体たらくは、平井一夫社長の手腕やビジョン、実行力がすべて不足していることからきているのは言うまでもありません。しかし、彼以外にもソニーをダメにしていると言えるような幹部が複数いるのも事実です。あえて言えば、そのうち、5人の責任が特に重い。彼らは平井さんのもと、ソニーの中枢に居座りながら、何の実績も挙げることなく事態をここまで悪化させた、戦犯とも言うべき幹部たちです」