[プロ野球]
佐野慈紀「日本シリーズは“ソフトバンク投手陣vs.阪神打線”」

 いよいよ今日25日に2014年シーズンの頂点をかけて行われる日本シリーズが開幕します。今季、ペナントレースでAクラス入りし、クライマックスシリーズ(CS)を経て日本シリーズにコマを進めたのは、パ・リーグチャンピオンの福岡ソフトバンクと、リーグ2位ながらCSで広島、そしてリーグ3連覇を達成した巨人を破った阪神です。2球団の日本シリーズでの対戦は2003年以来。果たして、どんな戦いが繰り広げられるのでしょうか。

ソフトバンク、カギ握るリリーフ陣

 まずはソフトバンクですが、北海道日本ハムとのファイナルステージは最終戦までもつれる死闘を繰り広げました。決してチームは好調ではなかったにもかかわらず、突破することができたのは、ひとつは初戦と最終の第6戦に先発した大隣憲司の好投と、チームとしての開き直り、つまりは気持ちの切り替えができていたからだったと思います。

 大事な初戦をサヨナラ勝ちでモノにできたわけですから、本来であれば、そのまま波に乗ってもおかしくありませんでした。ところが、打線に活気がなく、正直ファイナルステージ全体を通しては日本ハムの勢いに押されていた感がありました。

 しかし、3勝3敗で並んで迎えた最終戦だけは、選手たちの表情がやわらかく、リラックスしていたように感じました。おそらく、泣いても笑っても勝負が決まるということで、いい意味で開き直っていたのではないでしょうか。

 今季のソフトバンクの強みは、誰もがリーダーシップをとれる点にあると思います。選手会長の松田宣浩はもちろんのこと、内川聖一や李大浩、また投手陣であったりと、常に誰かが自然とキャプテンシーを発揮できるという強みがあります。そのために、結束力が強いという印象があります。タイムリーが出ると、必ず打者にベンチから全員でエールを送るのも結束力の高さを表しています。常に全員で戦っているという意識がチームに浸透しているからにほかなりません。

 さて、日本シリーズでのキーマンはというと、投手陣においては大隣、そして五十嵐亮太、森唯斗のリリーフ陣です。大隣はCSでは初戦は7回2/3を投げて5安打2失点、第6戦では7回を6安打無失点と、安定感抜群でした。しかし、果たして日本シリーズを彼を柱として戦い抜くことができるかどうかは絶対とは言えません。

 そこでカギを握るのが、CSの後半で不安定だったリリーフ陣。後ろが安定することで、大隣を含めた先発陣も安心して投げることができるので、力を発揮しやすい環境を整えることができます。

 一方、打線のキーマンはというと、主砲である李です。阪神はどちらかというと、誰かひとりを徹底的にマークするという戦略が得意ではありませんので、それこそ李の前後を打つ内川や松田の状態が良ければ、一気に大量点ということも十分にあり得ると思います。

 さて、秋山幸二監督がファイナルステージを前にして、今季限りでの退任を発表しました。正直、ファイナルステージでは発表直後ということもあり、多少の影響があったのではないかと思います。最終戦までもつれた原因のひとつとも言えなくはないのではないでしょうか。しかし、選手たちも心の整理はできているはずですから、日本シリーズではプレッシャーになるよりも、発奮材料としてプラスに働くのではないかと思います。