[アジアパラ競技大会]
車椅子バスケ男子、準優勝で痛感した“遂行力”の重要性

11点差の敗戦で銀メダル

「50-61」

 電光掲示板に映し出されたスコアを見て、思わず首をかしげた。11点もの差がつくほど、相手に負かされたという印象がなかったからだ。実力に差があったわけでも、走り負けたわけでもない。しかし、2ケタの差がついたことは事実だった。何がその差を生んだのか――。

「相手ではなく、自分たちがどうするかが勝敗をわけることになると思います」
 悔しさをぐっとこらえるかのように淡々とした表情の日本の選手たちと、初優勝に喜びを爆発させる韓国の選手たち。そんな対照的な姿を見ながら、2日前の指揮官の言葉を思い出していた。

 アジアパラ競技大会最終日の24日、車椅子バスケットボール男子は大会連覇を果たすべく、韓国との決勝戦に臨んだ。2日前の準決勝では及川晋平ヘッドコーチ(HC)が就任して以降、昨年から3連敗を喫していた強敵イランを延長戦の末に逆転勝ちし、チームは勢いに乗っていた。

 決勝の対戦相手である韓国には、今年7月の世界選手権で2点差、そして今大会の初戦では1点差に泣いた。数年前までは確実に勝てる格下の相手だった韓国だが、今やまさにライバルと化している。キャプテンの藤本怜央は「連敗している自分たちの方が今は挑戦者。胸を借りるつもりで臨みたい」と語っていた。

 そして、その韓国戦での勝負のポイントについて訊くと、及川HCも藤本も、同じ言葉を口にしていた。「自分たちが積み重ねてきた精度の高いバスケットができるかどうか」。ポイントはこの一点に絞られていた。