「立法府」でしっかりと法案を作っている政党をランキングしてみると・・・

先週、『本当の「政策通議員」は誰か? 議員立法発議数ランキング』と題して、衆議院の議員定数480人、参議院の定数242人の中で、2014年の通常国会である186国会において、議員立法を提案した議員は、衆議院106人、参議院に50人しかいない事を紹介した。

「立法府」と言われる国会において、実際に議員立法に携わっている議員は、極めて少ないという実態と、その中で活躍する上位35人を「政策通議員」として一覧を公表した。

こうした背景には、様々な事があるわけだが、今回は、こうした議員立法の実態を政党別にランキングで見てみる事から考えていきたい。

議員立法でも発議者に名前を連ねた議員数は、衆参ともに自民が最多

衆議院では、対象となる186国会で議員立法に発議者として名を連ねた事のある議員106人のうち、最多は自民の33人で全体の31.1%を占めた。

次いで、議員数で11.4%しかない民主が議員立法発議者数では2倍近い22.6%に当たる24人を占め、維新の14人(13.2%)、公明も議員数の6.4%の2倍近い11.3%に当たる12人と続く。以下は、みんな8人(7.5%)、結い7人(6.6%)、生活5人(4.7%)、共産2人(1.9%)、社民1人(0.9%)となっている。

参議院でも、議員数で半数近い46.9%を占める自民が、議員立法提案議員数では24.0%と約半数にはなってしまうが、それでも最多の12人を占める。次いで民主だが、民主も議員数で23.9%を占めながらも同程度の22.0%しかなく、公明党も議員数8.2%に対して議員立法提案議員数は6.0%の3人しかいない。

議員数に比べて大きな活躍が見られるのは、議員数で5.3%しかいないにも関わらず、3倍以上の18.0%に当たる9人が議員立法提案を行っているみんなだ。次いで、3人(6.0%)で共産と無所属、2人(4.0%)で維新、生活、社民の3党が並び、結いが1人(2.0%)となっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら