スマホネイティブなWebライターに誰でもなれる7つの方法

「良いWebライターはいないか?」というセリフをWebメディア関係者から聞く事が年々多くなっています。SNSとスマートフォンの浸透で、小さな記事でも面白ければ幅広くシェアされるようになったため、オリジナルコンテンツの需要が高まっているからです。

一方、紙媒体では雑誌の廃刊など不景気な話を聞くので、それならば文章力のある紙媒体のライターに力を借りたいと思う事がよくあります。しかし、紙とウェブでは文脈が異なるので、紙媒体の書き方そのままだと、ウェブではウケない場合があります。

ただその違いはシンプルです。冒頭の図解のように、自己完結した「見せる」「読ませる」書き方をやめて、ユーザーがSNS等のコミュニケーションの中で「使ってもらえる」書き方をすれば良いだけの話です。そうすれば紙媒体で培った文章力を活かせると思います。

このコラムでは、紙媒体とWeb媒体では何が異なるかを、次の7つの視点で解説しています。これにより紙媒体のプロライターにどんどんとネットの世界に入ってもらい、ライター不足の現状を救ってもらいたいと願っています。

紙媒体とWeb媒体で異なる7つの視点

1.「読みやすい」より「使いやすいもの」
2. ネットにおけるツッコミ芸(第三者話法)を学ぶ
3. 雑誌というパッケージではなく、1記事単位で集客する
4. コース料理ではなく、バイキング形式にする
5. スマホネイティブには文字より写真
6. 極端に短い記事と、極端に長い記事の二極化
7. スマホネイティブ世代には妄想記事もウケる

その1.「読みやすい」より「使いやすいもの」

これまでテレビでも雑誌でも、コンテンツは「見るもの」「読むもの」だったと思います。それは「視聴者」「読者」という言葉が表しています。一方ネットではあくまで「ユーザー」と呼び、サービスやコンテンツを「使う人」であると想定しています。

実際にメディアであると同時にユーザーのコミュニケーションの場でもあるネットでは、面白いコンテンツをネタに会話するなど、SNSなどの中で「使いやすい」と思ってもらえるコンテンツの方がウケます。

例えば「お笑いコンテンツ」の場合、テレビなどの従来のメディアでは、漫才のようにボケとツッコミがセットでコンテンツが作られています。しかしネットでボケる場合には、ツッコミ役は不要です。なぜならユーザーがツッコンでくれるからです。

むしろコンテンツの中にツッコミの要素まで入れこむと、ユーザーがコンテンツに参加できなくなってしまいます。ボケっぱなしの代表例が「才能のムダ使い」と呼ばれる、間違った方向に努力を続ける記事です。例えば次のような土下座を競う競技を企画しました。

http://news.livedoor.com/article/detail/8673072/

この記事は、映画『謝罪の王様』のブルーレイ&DVDのPRで作ったものですが、記事の中に「そもそもなぜ土下座を競うのか?」といったツッコミは登場しません。延々と様々な土下座を追及しています。

一方、テレビのお笑い番組のようにツッコミもセットになっていると、視聴者は笑うことしかできません。一方ネットのコンテンツでは、上手くツッコめば、「ユーザー自身が周囲からウケる」ことができます。ツッコミをできるだけ受け入れられる「空っぽの器」を作る…。ネットでお笑いコンテンツを作るときには、私はそんなことを常に意識しています。

上手いライターだと、ボケの難易度を簡単なものから難しいものまで幅広く記事の中に散りばめ、ユーザーの様々なツッコミのレベルにまで対応するように作っています。

これはお笑い記事だけの話ではなく、真面目な記事でも使える方法です。例えば最近話題になった次の記事は、非常にネット向きに編集された記事だと感じました。あえて経営者目線で記事を構成することで、社員目線の意見を引き寄せ、多くの議論を呼びました。

私が退職希望者に「激怒」した理由  (藤田晋氏の経営者ブログ)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77749270Q4A930C1000000/

従来のメディアであれば「朝まで生テレビ」のように様々な意見を持つ人を討論させて完結していました。しかしネットでは、このような一方的な意見だけを載せた方が、議論を呼びやすく、結果として読まれることになります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら