スマホネイティブなWebライターに誰でもなれる7つの方法

「良いWebライターはいないか?」というセリフをWebメディア関係者から聞く事が年々多くなっています。SNSとスマートフォンの浸透で、小さな記事でも面白ければ幅広くシェアされるようになったため、オリジナルコンテンツの需要が高まっているからです。

一方、紙媒体では雑誌の廃刊など不景気な話を聞くので、それならば文章力のある紙媒体のライターに力を借りたいと思う事がよくあります。しかし、紙とウェブでは文脈が異なるので、紙媒体の書き方そのままだと、ウェブではウケない場合があります。

ただその違いはシンプルです。冒頭の図解のように、自己完結した「見せる」「読ませる」書き方をやめて、ユーザーがSNS等のコミュニケーションの中で「使ってもらえる」書き方をすれば良いだけの話です。そうすれば紙媒体で培った文章力を活かせると思います。

このコラムでは、紙媒体とWeb媒体では何が異なるかを、次の7つの視点で解説しています。これにより紙媒体のプロライターにどんどんとネットの世界に入ってもらい、ライター不足の現状を救ってもらいたいと願っています。

紙媒体とWeb媒体で異なる7つの視点

1.「読みやすい」より「使いやすいもの」
2. ネットにおけるツッコミ芸(第三者話法)を学ぶ
3. 雑誌というパッケージではなく、1記事単位で集客する
4. コース料理ではなく、バイキング形式にする
5. スマホネイティブには文字より写真
6. 極端に短い記事と、極端に長い記事の二極化
7. スマホネイティブ世代には妄想記事もウケる

その1.「読みやすい」より「使いやすいもの」

これまでテレビでも雑誌でも、コンテンツは「見るもの」「読むもの」だったと思います。それは「視聴者」「読者」という言葉が表しています。一方ネットではあくまで「ユーザー」と呼び、サービスやコンテンツを「使う人」であると想定しています。

実際にメディアであると同時にユーザーのコミュニケーションの場でもあるネットでは、面白いコンテンツをネタに会話するなど、SNSなどの中で「使いやすい」と思ってもらえるコンテンツの方がウケます。

例えば「お笑いコンテンツ」の場合、テレビなどの従来のメディアでは、漫才のようにボケとツッコミがセットでコンテンツが作られています。しかしネットでボケる場合には、ツッコミ役は不要です。なぜならユーザーがツッコンでくれるからです。