雑誌
補助金は200万円以上!FCV発売前夜
‘97年プリウス登場時よりも熱い!安倍首相は新成長戦略で協力に後押しする

トヨタがもうすぐFCVを市販する。700万円ほどとされる価格だが安倍総理が少なくとも200万円の補助をしたいと発言したことで、愛車にできるかも!? と思った人も多いはず。期待と不安が渦巻くFCVを取り巻く環境を、'97年12月に発売になった初代プリウスの時と比較しながらレポートしよう

7月18日安倍首相が北九州水素ステーションを視察に訪れ、トヨタのFCVに試乗した姿をニュースでご覧になった方も多いだろう。その際に「(政府として)少なくとも200万円は補助していきたい」と語り、FCV普及に向け「新成長戦略」にも盛り込んだ。

TOYOTA FCVトヨタが世界に先駆け日本で'14年度内に約700万円で発売すると発表している。1回約3分の水素の充填で約700㎞(JC08モード)走れ、最高出力は100kW以上で最高速度は170㎞ /h以上出る。全長×全幅×全高=4870×1810 ×1535㎜、乗車定員4名

この200万円はどのような算出方法から生まれるのか気になるが、ベストカーが取材したところでは、トヨタのFCVもリーフやアウトランダーPHEVと同様「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」から補助金が出ることが濃厚だ。

補助金の額についてはベースとなるモデルとの差額の約半分を補助するともいわれ、仮にFCVのベースモデルが車格の近いマークXだとすれば、マークXは250万9715円だから、FCV700万円との差額は約450万円、半額なら、約225万円の補助金が受けられることになる。ただし、現在はEVやPHVの場合で最大85万円となっているので、いずれにしても、新たな補助金の算定式ができるはずだ。

経済産業省は来年度の概算要求で、燃料電池車の普及や水素ステーションの整備、家庭用燃料電池の導入など水素社会の実現に向けた事業のため401億円を求める予定だ。これは今年度予算165億円に比べて実に2・5倍近い伸びだ。今年度のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金300億円、次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金1005億円と比べてもかなりの額だ。

さらにトヨタのお膝元である愛知県はFCVを県の低公害車促進補助金の対象とし、ベースモデルとの差額の4分の1を補助することを決めた。しかも最大で5年間の自動車税を免除する手厚い優遇だ。'20年の東京オリンピックを控えた東京都の舛添知事も独自の補助金を出すことに前向きだ。

先ほどの計算を当てはめると愛知県でFCVを買うなら、さらに110万円あまりの補助金が出る計算で、国のぶんと合わせて330万円あまりが補助金になり、実に370万円ほどでFCVが手に入る。

トヨタFCVは自社開発のFCスタックと70MPaの高圧水素タンク2 本を搭載する。’08年時点で1億円かかった燃料電池システムはハイブリッド車などとの部品の共有化で500万円以内に圧縮している

プリウス発売時に補助金はあったか?

安倍首相は説明するトヨタの内山田会長に「静かで加速もよかった」とトヨタFCVのステアリングを握った印象を語った

'97年当時、現在のFCVに負けず劣らず次世代車として期待された初代プリウスは215万円からという信じられないほど安い価格で登場した。しかし、補助金はなかった。

一時、カローラ(約150万円)との価格差の約半分にあたる35万円の補助金が受けられるという情報が流れたが、予算額は80億円と少なく、しかもEVや天然ガス車、メタノール車と幅広いクルマが対象で、結局ハイブリッドを買う一般ユーザーへの補助金は見送られたという経緯がある。

さらに自動車雑誌など一部のマスコミ以外のプリウスへの関心は低く、ジャーナリストのなかには「売れっこないよ」といっていた人も多かった。FCVのようなインフラへの不安はなかったが、そのぶん、モーターやバッテリーの耐久性に不安が囁かれたのだ。

実際、初代プリウス発売の翌年'98年1年間の販売台数は1万7653台、'99年は1万5243台、'00年は1万2511台と月間1000台ペースとたいして売れていない。発売した時の一般的な知名度からいえば、天然ガス車と同じくらいだったかもしれない。

10型と呼ばれるベストカー編集部も所有する初期型のバッテリーは永久保証で無償交換となっている。ちなみに新品バッテリーは32万8000円で工賃1万7000円、合わせて34万5000円ほどかかるところが、タダで、編集部のプリウスは2度も交換してもらっている。そうやってさまざまなケアをしながら、トヨタはハイブリッドの信頼性を築き上げてきたのだ。

補助金は200万円以上、2015年度中に水素ステーションが4大都市圏に100カ所整備!JX日鉱日石エネルギーは今後の水素ステーション普及のシナリオを明かしているが、'25年には全国の高速道路のSAを含め、1000カ所に展開、'30年以降は3000カ所に増えるとしている
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら