[BCリーグ]
富山・中山大コーチ「猛省した選手管理の甘さ」

油断が招いた4月の不調

 2014年シーズンが幕を閉じました。富山サンダーバーズは、前期に優勝し、5年ぶりのプレーオフ進出を果たしました。石川ミリオンスターズとの地区チャンピオンシップでは、2勝2敗2分と五分としましたが、通期の対戦成績で石川を上回ることができなかったため、6年ぶりのリーグチャンピオンシップには届きませんでした。

 しかし、選手たちは本当によく戦ってくれたと思います。特に前期の優勝は、選手たちに「勝たせてもらった」感が強く、感謝しています。というのも、コーチとしての私の至らなさが多々あったことを感じているからです。

 今思えば、今季は選手たちの方をしっかりと見ることができていませんでした。その背景には、選手たちを信頼し過ぎていたことがありました。昨年1年間で基本的なことを伝えていたため、主力に関しては「同じことを伝えなくても大丈夫だろう」と、私が油断をしたのです。

 ところが、フタを開けてみれば開幕4連敗を含めて、4月は2勝7敗という最悪なスタートとなりました。最大の敗因は、先発ピッチャーの肩ができておらず、序盤で失点してゲームをつくることができなかったことにありました。この時、私の油断が引き起こしたことだと、深く反省しました。

 後から考えると、確かにキャンプの時にオフのトレーニングが不足していることは感じていたのです。しかし、それでも私は「きっと言わなくてもやるだろう」と、強制することなく、自由にやらせることを選択してしまったのです。

 開幕以降、トレーニングを積み重ねていくことで、徐々に投手陣の体もでき、チーム状態は良くなっていきました。結果的に優勝することができましたが、もともと力のある選手がそろっているチーム、本来であればここまで苦しむことなく勝てたはずです。前期の優勝は、負け続けても前を向き続けてくれた選手たちの頑張りが報われた結果だったと思います。

 今シーズンの苦戦は、私の自分自身を客観的に見る視野が狭かったために、選手に対して十分に目が行き届かなかったことが最大の原因だったと感じています。だからこそ、調子が悪くなる前兆すら見極めることができなかったのです。

 今季の反省をいかして、このオフはしっかりと選手たちに指示を出していこうと思っています。キャンプまでは直接見ることのできない選手もいますが、それでも時折、電話やメールで「ちゃんとやっているか?」と声をかけるだけでも違うはずです。

 もちろん、実際にやっているかどうかは本人にしかわかりません。しかし、こまめに声をかけることで、選手にも「やらなければいけない」という思いが自然とわくはずです。僕自身、「すべてはオフで決まる」ことを肝に銘じて、このオフを過ごしたいと思います。