[アジアパラ競技大会]
女子100m・高桑早生、銅メダルに涙

レース前の不安と自信

 4年越しの思いは実らなかった――。21日、アジアパラ競技大会4日目、陸上・女子100メートル(T44/47)が行なわれ、高桑早生は3着で、目標としていた金メダルには届かなかった。

 だが、決して走り自体が悪かったわけではない。それどころか、練習してきたすべてを出し切った最高のパフォーマンスを見せ、追い風3.1メートルで参考記録とはなったものの、自己ベストを大きく上回る13秒38という好記録をたたき出している。

 だが、彼女が最も欲しかったのは4年前に逃した金メダルだった。
「すごく悔しいです……」
 レース後、高桑はそう言って、しばらくは言葉を続けることができなかった。金メダルへの思いは相当なものだった。

「(銀メダルだった前回大会から)4年間、ずっと思い続けてきました。それをこの1本にぶつけて金メダルというかたちにしたかったんです」
 彼女が流した悔し涙には、複雑な理由があった。

 今大会、高桑は周囲にいつもとは違う様子を見せていた。レース当日、競技場に向かうバスの中で遭遇した母親に訊くと、「いつもはレースを楽しんでくるね、という感じなのに、今回は珍しく『不安』という言葉を口にしていた」という。

 さらに、高桑を指導する高野大樹コーチにはレース前日、思いが綴られたメールが届いた。「彼女の方からそういうメールが来ることは本当に珍しいこと」だった。そして、そのメールにもやはり「不安」という言葉が記されていた。

 しかし、不安と同時に高桑には自信もあった。身体的には最高の状態だと感じていたからだ。それは高野コーチも同じだった。レース直前、高桑のアップを見て、高野コーチの自信は確信へと変わっていた。
「アップを見ていて、『今日が今シーズンで一番いい状態だな』と感じました。うまくピークを合わせられたなと」

 この3年半、高野コーチが指導してきたことが成熟された姿がそこにはあった。
「身体と気持ちがガチッとかみ合えば、今日はアジア新を出しますよ。うまくいけば、13秒6を切るかもしれない」
 高野コーチの表情と言葉には、自信が満ち溢れていた。果たして、レースは――。