[アジアパラ競技大会]
ゴールボール女子、韓国に辛勝も意味ある1勝

試合中にこぼれた悔し涙

「よく耐えたな。良かったぞ」
 後半開始直前、ベンチでは江黑直樹ヘッドコーチ(HC)が天摩由貴の横にそっと座り、背中をポンと叩いた。その時、天摩の目からは涙がこぼれ落ちた。

「それは汗ですよ(笑)」
 そう強がった後、天摩は涙の訳をこう語った。
「自分がやろうとしたことが全然できなかった。そんな自分がふがいなくて……悔しいです」
 言葉の裏には、アスリートにとって不可欠な負けん気の強さと向上心が垣間見えた。

 20日、ゴールボール女子は第2戦で地元の韓国と対戦。0-0で迎えた後半、開始1分半で韓国がハイボールをおかし、日本にペナルティスローが与えられる。これを浦田理恵がしっかりと決めた。

 この1点を死守し、日本は今大会初白星を挙げた。格下の相手に厳しい試合となったが、日本にとっては初戦の中国戦と並んでヤマとなるイラン戦に向けて、そして2年後のリオデジャネイロパラリンピックに向けて、大きな意味をもつ試合となった。

 前日の中国戦に敗れた日本にとって、絶対に勝たなければならない試合だった。その大事な一戦に、江黑HCは前半、金メダルに輝いたロンドンパラリンピックからのレギュラーメンバーである浦田、安達阿記子を温存し、若手を起用した。チーム最年少19歳の若杉遥、22歳の欠端映子、そしてゴールボールプレーヤーになってまだ1年未満の天摩だ。

「韓国戦での一番のポイントは、若手がどれだけこの舞台で力を出すことができるかにありました。浦田と安達がいると、どうしても2人に甘えてしまう。次の世代の選手たちがもっとレベルアップしていかなければならないので、若手でいこうと」
 2年後に迫ったリオで連覇を狙うには、若手の底上げが不可欠であることは言を俟たない。その意味で今大会は、若手に場数を踏ませるいいチャンスでもある。