雑誌
THE渋滞 突入、体当たりレポート

カレーに福神漬けがあるように、ダチョウ倶楽部に熱湯風呂があるように、日本の高速道路に付きものなのが「渋滞」。その渋滞のど真ん中に果敢に突入し、渋滞発生の要因やトラブルはないのか? など、渋滞最前線の様子をレポート。突入部隊長はカメラマン氏を従えた編集部ババだ

今年のお盆帰省の下りのピーク、8月13日(水)の高速渋滞TOPIC
いきなり8月13日の渋滞状況を報告すると、企画の中身が薄まる気もするが(笑)、主なTOPICを紹介しましょう。
■関越道・下り:午前10時頃、上里SAを先頭に62kmの渋滞 ■東北道・下り:午後1時頃、矢板北PAを先頭に30kmの渋滞(事故が要因だった)■東名高速・下り:午前9時頃、秦野中井PAを先頭に横浜青葉IC付近まで30kmの渋滞 ■名神高速・下り:西宮山口JCTを先頭に25kmの渋滞

自ら混雑に分け入る。それは修行か快楽への入口か

「高速道路の渋滞」。その真っ只中で何が起きているのか、それを探るために急きょ編成された「渋滞突入部隊」隊長の編集部ババです。隊員のカメラマン氏を引き連れて、N-ONEに乗り関東のお盆時期の渋滞状況を探ってこい! というのが今回の指令だ。好きなラーメン屋の店頭に3人並んでいるのを見ただけでその店をあきらめるほど、〝並ぶ〟のが苦痛な私に果たしてつとまるのだろうか!? そして突入決行日が今年のお盆渋滞、下りのピーク予測の8月13日(水)。ダメかもしれない。……覚悟を決めてNEXCOの渋滞予測を見ると東名も中央道も関越道も、最長で35km予測。意外と短いと思ったら、ここ数年お盆渋滞は短くなる傾向だそうだ。

その理由としてお盆休みの分散化はわかるが、それ以外では、(1)ガソリン価格の高騰で出かけるクルマが減った(2)ETCの休日割引の縮小(3)平日ならETC割引率の高い深夜に走行するクルマが増え、分散化になっている、などが考えられる。

分散化はけっこうなことだが激しい渋滞はないのか!? まずは東名高速から、レッツ・突入!

もうね、イヤになっちゃいましたよ。比較的空いている環状8号線(一般道)から、東京ICで東名高速の下りに乗って5分後に渋滞だから! 横浜青葉IC付近で「ここから25km渋滞、55分」という表示。渋滞に突入する取材だから覚悟はしていたけどやはりイヤなもんです。覚悟のうえでイヤなもの……、まさに青汁を飲む心境と同じだね。