[アジアパラ競技大会]
ゴールボール女子、中国に黒星スタートも次戦につながる意地の1点

ライバル相手に先制許す

「オマエには得点を取れる力があるんだからな!」
 江黑直樹ヘッドコーチ(HC)から、そう発破をかけられて、若杉遥は勢いよくコートへと飛び出していった。その約2分後のことだった。レフトの若杉が一度自分のポジションで軽く床にボールを打ち付け、音を鳴らして相手の意識をレフト側に向けさせると、スススッと忍び足でセンター浦田理恵とライト安達阿記子の間へと移動。そこから思い切り腕を振って投げた。

 相手のレフトプレーヤーは一瞬、迷いが生じたのだろう。ディフェンス姿勢になるのが遅れ、腕が伸び切る前に、若杉の投げたボールが通り抜けていった――。若杉にとっては汚名返上の、そしてチームにとっては次につながる貴重なゴールだった。

「最後に1点差で終えられたことが大きいですね」
 試合後、江黑HCはそう言って、安堵の表情を浮かべた。この日、初戦を迎えたゴールボール女子は、アジアの最大のライバル、中国と対戦した。この大きな山場を乗り越えれば、金メダルは見えてくる。そして、金メダルを獲るためには、絶対に負けられない相手でもあった。

 速く、重いボールを投げてくる中国に対し、日本はこれまで守備からリズムをつくり、少ないチャンスをものにしてきた。2年前のロンドンパラリンピック決勝でも、そして今大会の予選を兼ねて行なわれた6月のアジアカップ決勝でも、日本は1-0のロースコアで勝っている。いかに日本が守り勝ってきたかがわかる。

 ところが、だ。前半開始早々、中国に先制を許した。「すごい回転をかけてくる」と江黑HCも警戒心を募らせていた、相手のライトから勢いよく投球されたボールが、センター浦田とライト安達の足の間のわずかな隙間を縫うようにしてゴールに吸い込まれていった。ボールがライトにあることを聞き分けた日本は、左へと守備シフトを移動。その逆をついた戦略的なゴールだった。

「まだまだこれからだよ!」
 気持ちを切り替えようと、鼓舞し合う日本。この時のコートでの3人の状態は決して悪くはなかったと安達は語る。
「みんな取り返せるという気持ちでいたので、そこで沈むことなく、これからとリセットをして立て直そうとお互いに声を出し合っていました。不安には思っていませんでした」