[ボクシング]
杉浦大介「新怪物ゴロフキン、人気の理由」

4大スターに次ぐ興行価値

ニックネームは”GGG”。破竹のKO街道はどこまで伸びるのか。

 17連続KO勝利を続けるWBA世界ミドル級王者、ゲンナディ・ゴロフキンがリングに戻って来る。10月18日、ロスアンジェルス郊外のホームデポセンターで対するのはWBC世界ミドル級暫定王者のマルコ・アントニオ・ルビオ。カザフスタンの怪物パンチャーにとって、これが12度目の防衛戦となる。

 ゴロフキンにとっては“アメリカ西海岸デヴュー戦”だけに、馴染みのない土地での一戦が興行的に苦戦することを予想する関係者も存在した。しかし、この試合の約8000席の入場券は瞬く間に完売。その後、同会場でのボクシング興行史上初めて立ち見席が売り出される異常な人気となった。

 ロスアンジェルスにはメキシコ人が数多く居住するため、対戦相手にメキシコ出身のルビオを起用したことが奏功したのは事実だろう。セミファイナルにニコラス・ウォータース対ノニト・ドネアという好カードを組んだこともプラスに働いたに違いない。ただ、それらの要素以上に、今回の盛況は、アメリカにおけるゴロフキンの興行価値の上昇を示しているという見方が一般的である。

 今年7月には聖地マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)の大アリーナに初登場し、元WBA、IBF王者ダニエル・ギールとの対戦で予想を上回る8572人の観衆を集めた。フロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオ、ミゲール・コット、サウル・“カネロ”アルバレスの4大ドル箱スター以外では、現時点でゴロフキンはすでにアメリカ国内で最も興行価値の高い選手かもしれない。

 2012年秋にアメリカ進出を開始した32歳のゴロフキン。まだ完璧な英語を話すわけでもない旧ソビエト連邦出身のボクサーが、短期間にこれほどの注目選手になった理由はどこにあるのか。