2014.10.19(Sun) 岡田 真理

ダイエット後のリバウンドを防ぐには「アナボる」しかない!

筆者プロフィール&コラム概要

「甘いものをガマンしてせっかく体重を落としたのに、気を抜いたらまた太ってしまった」「運動をしている期間は体型をキープできるのに、ちょっと怠けるとすぐ太ってしまう」そんな経験をした人もいるのではないだろうか。

「カタボリズム」「アナボリズム」とは

リバウンド対策に詳しい『除脂肪メソッド』(岡田隆著・ベースボールマガジン社)

運動をし続けないと痩せたままでいられないし、食事制限をやめるとすぐもとに戻ってしまう…いったいこの闘いはいつまで続くのか?と、気が遠くなってしまうこともあるだろう。

そこで知っておきたいのが、「カタボリズム」「アナボリズム」という二つの作用。

『除脂肪メソッド』(岡田隆著・ベースボール・マガジン社刊)によれば、この作用のメカニズムを知っておくことが、エンドレスなダイエットからの脱出につながるようだ。

まず、それぞれの作用について説明しておこう。

この本によると、「カタボリズム」というのは、体を動かす際に、すでに体に蓄えてあるタンパク質・糖質・脂質を分解してエネルギーにすること。たとえば、ジョギングやウォーキングなど有酸素運動と言われているものはカタボリズムにあてはまるという。

それに対して、「アナボリズム」というのは、食事やトレーニングによってエネルギーを新たに作り出して体に蓄えること。簡単に言うと、食べる、運動するという行為がこれにあてはまる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。