「クラウドファンディングに挑戦する人を増やしたい」 READYFOR?、「1億円」のアイデア募集
1億円プロジェクトのスペシャルキュレーターたちと米良代表=10月14日、東京大学伊藤謝恩ホールで

国内最大規模のクラウドファンディングサイトREADYFOR?(レディーフォー、運営会社:オーマ)は10月14日、目標金額1億円のプロジェクトを募集すると発表した。

個人でも団体でも応募可能で、スペシャルキュレーターとして、箭内道彦氏や佐藤尚之氏、佐々木俊尚氏らがつく。レディーフォーの米良はるか代表は、「みんなをワクワクさせるプロジェクトを展開し、クラウドファンディングの認知度を上げていきたい」と話す。

1億円プロジェクトの概要は、同日開催されたアワード「READYFOR OF THE YEAR 2014」の会場で発表された。同サイト内で、プロジェクトのアイデアを12月14日まで募集し、スペシャルキュレーターたちでアイデアを精査する。応募資格は、個人でも企業でも可能だ。

スペシャルキュレーターの一人の佐々木俊尚氏は、「このプロジェクトをきっかけに、レディーフォーというサービスやクラウドファンディングのポテンシャルについて、より多くの人に知ってほしい」と言う。

佐藤尚之氏は、「助成金やお上にばかり頼るのではなく、自分たち一人ひとりの力が合わされば社会を動かせることを体感できるような企画にしたい」と話す。

レディーフォーの米良はるか代表は、「みんながワクワクできるようなプロジェクトにするため、全力で取り組みたい」と意気込む。「1億円プロジェクトを成功させて、クラウドファンディングに挑戦する人を増やせたら」。

クラウドファンディングとは、ウェブサイト上で起業資金や活動資金を募るサービスだ。一口500円からの小口のお金によって、ウェブを見た不特定多数が「購入」することで、起業家やアーティストなどのプロジェクトを支援する仕組みだ。起案者を支援した人が「ファン」となり、広報や企画の運営などの作業も手伝うなど、起業家にとって新たな資金集めのスタイルになっている。

クラウドファンディングは2011年に日本に上陸した。これまでの国内最高額はマクアケ(運営会社:サイバーエージェント・クラウドファンディング)で掲載した3,000万円の企画だ。プロジェクトの主体は男性用化粧品メーカー「BULK HOMME(バルクオム)」で、集まった資金は東京・青山に建設するエステサロンの内装や設備に使うというものだ。

レディーフォーは2011年4月にスタートしたサービスで、国内のクラウドファンディング市場のシェアトップに位置する。累計1300のプロジェクトが掲載され、これまでに5.7万人の支援者から約7.5億円が集まっている。

大賞は、「沖縄に美術館」プロジェクト

年に1度開催するアワード「READYFOR OF THE YEAR 2014」の大賞には、沖縄にやんばるおもちゃ美術館を建設するプロジェクトが選ばれた。同プロジェクトでは、486人の支援者から総額780万円が集まった。

優秀賞は2つあり、一つは、70年前の国産車・くろがね四起を復活させるプロジェクト。もう一つは、南相馬市に水遊びができる公園をつくるプロジェクトが選ばれた。

(取材・構成/オルタナS副編集長池田真隆)

「いまここ」に若者視点をプラスするエシカルメディア「オルタナS」の記事より一部編集・掲載)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら