干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"
第5回 カルツェドニアのホーズ。

カルツェドニアのホーズ

数々の男性誌に携わりながら、編集者として、ファッションディレクターとして、さまざまなアイテムを見てきた編集長の干場義雅が、40代の男性のライフスタイルを豊かにする厳選したワードローブをご紹介。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは減価償却できるので高額でもいい。しかし、白シャツや白い無地のTシャツのように常に白いまま着たい消耗品は、高額なものよりコストパフォーマンスを重視した方が経済的だと言います。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」「移り変わる流行よりも普遍的で美しいものを」。干場が掲げる哲学を突き詰めていくと……、ブルース・リーが提唱した無駄を排した最短の動き(エコ ノミック・モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的かつ無駄のない、シンプルで美しいスタイルが浮かび上がってきます。足ることを知れば、自ずと本質的なワードローブが揃うのです。第4回はコチラ

手頃なのに、イタリアらしい作りの良さを実感できるカルツェドニアのホーズ

 “エコラグ”を象徴するキーアイテムといえば、ソックス。毎日のように履いて洗濯を繰り返す消耗品だからこそ、2,000円以上出すのは経済的とは言えません。せっかく高いソックスを購入したのに、すぐに破れたり穴が空いてしまってガッカリした人も多いはずです。だからこそ、なるべく安くて良質なものを買うべきなのです。
 
とはいえ、なかなか廉価でありながら良質なソックスはないんですよね。そこで、お勧めしたいのがコチラ。イタリアのカルツェドニアのソックス、なかでもスーツスタイルで履ける長めのロングホーズがお勧めです。イタリアを訪れる際に必ず20足近くまとめ買いしているのですが……。街や空港などにも店舗を構える靴下ショップであるカルツェドニアでは、ホーズは5足まとめて購入しても、たったの10ユーロ。1足当たり2ユーロなので、300円位なのです。イタリアが得意とする専門性に優れた技術も詰め込まれているので、これが30足あれば3年は持つんですね。60ユーロで約1,000日使えると考えると1回8円程度。減価償却的には完璧なのであります。

以前はセレクトショップのオリジナルを購入していた時期もあるのですが、カルツェドニアのロングホーズに出会ってからは浮気せずにコレばかり。ガッロ(GALLO)やソッツィ (SOZZI)など1足4,000円クラスの高級ソックスもありますが……、編みやリブなどもしっかりしたホーズで300円なら、僕は断然カルツェドニアを選ぶのです。

いろいろなファッション雑誌等でも言われていますが、やはりスーツ着用時にパンツの裾からスネが見えているのは紳士としてはNG。ソックスは必ず膝下までの長さのホーズを選ぶべき。夏はコットン100%、冬場は暖かいのでウールやカシミアのものを履いていますが、カルツェドニアなら10ユーロしないのでとにかくお勧めです。

黒のシューズには黒のソックス、茶色のシューズにはミディアムグレーを合わせることが多いので、黒とグレーにネイビー、たまにブラウンという組み合わせでまとめて購入します。とくに黒はフォーマルでも履くので、多めに購入しておくと良いかもしれません。

古びたらすぐに捨てて新調することで、つねに清潔感をキープできるカルツェドニア。今年4月には日本にも正式上陸し、大阪のekimo梅田に直営店もオープンしました。イタリアほど安価ではありませんが、だいぶお手頃で作りもしっかりしていますから、気になった方は是非一度試してみてはいかがですか?

※現状日本の店舗ではホーズは1品番のみの展開。
1点600円、3点で1500円となります。

Calzedonia ekimo梅田店
06-7507-1289

Photo:Yasuhisa Takenouchi
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

干場義雅
FORZA STYLE編集長

数々の男性誌に携わりながら、編集者として、ファッションディレクターとして活動。2010年に独立後は、新聞、テレビ、雑誌、ラジオなどメディアの枠を超えて多方面で活躍中。