世界経済
アメリカの金融緩和策終了にどう備えるか
主要国の株式市場は軟調、ドルも売られて・・・ photo Getty Images

足元の金融市場が不安定な展開になっている。米国やわが国を中心に、主要国の株式市場は軟調な動きを示している。為替市場でも、今まで強含みの動向を続けてきたドルが売られやすい展開になっている。

こうした金融市場の動きの背景には、ヘッジファンドなど大手投資家が保有するリスク量を縮小する動き=リスク・オフのオペレーションがある。今まで買い上がって来た、米国株式やドルを売って利益確定を急いでいるとみられる。

今回の投資家のリスク・オフの動きには、米国の金融緩和策の終了=テーパーリングと、世界経済の減速に対する懸念がある。潤沢な流動性の供給が絞られ、世界的に景気減速の懸念があると、リスク・オフの動きが出てくるのは当然といえるだろう。

重要な米国の金融政策

現在、大手投資家が最も注目しているのは米国の金融政策だろう。基軸通貨であるドルの供給量は、世界の金融市場に大きな影響を与える。特に、金融政策が緩和から引き締めに代わるタイミングが重要なターニングポイントになる。

過去の経験則からみると、米国の金融政策が引き締めに転換する場合、世界の金融市場に投資されていたドルが本国に回帰=リパトリエーションが鮮明化するケースが多かった。その場合、世界的に金融市場が不安定化する可能性がある。

今回も、10月にテーパーリングが終了した後、来年の夏場までに金利が引き上げられることが想定される。それが現実になると、新興国などを中心に株式市場が調整局面を迎える可能性が高い。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら