ライフ/スポーツ


[パラリンピアンの挑戦]
競泳・木村敬一、リオへのスタート ~アジアパラ競技大会直前レポート~

 18日に韓国・仁川で開幕するアジアパラ競技大会には、13競技285名の日本選手団が出場する。パラリンピック競技においては、2年後に迫ったリオデジャネイロ大会に向けて、重要な大会となる。そのなかで金メダルへの期待が寄せられているひとりが、競泳男子の木村敬一だ。今大会はチームキャプテンにも抜擢された木村。自らの泳ぎでチームを牽引するつもりだ。

 木村は今大会、6種目に出場する。50メートル自由形、100メートル自由形、同平泳ぎ、同背泳ぎ、同バタフライ、200メートル個人メドレーだ。なかでも金メダルに最も近いのが、木村自身「世界でトップにいける可能性がある」と語る平泳ぎだ。実際、今年4月のドイツ・オープン(ベルリン)で出した自己ベスト(1分12秒28)は、今シーズンの世界ランキング1位となっている。だが、決して余裕ではない。なぜなら、最大のライバルがアジアに存在するからだ。

 ロンドンパラリンピック、100メートル平泳ぎで、木村は銀メダルを獲得した。4年前の北京では届かなかった初めての表彰台。しかも最も自信のあった50メートル自由形でまさかの5位に終わったこともあり、「水泳を続けてきて良かった。このためにやってきたんだなと感じています」と目に涙をにじませながら、喜びを爆発させた。だが、木村にとってそれは既に過去の栄光でしかない。

 木村の前に立ちはだかるのが、ロンドンで金メダルを獲得したYang Bozun(中国)だ。ロンドンでは序盤、Yangとトップ争いを演じた木村だったが、25メートル過ぎからYangに徐々に引き離され、結局5秒以上の差をつけられた。Yangは1分10秒11の世界新で金メダルを獲得した。今年4月に木村がマークした自己ベストも、Yangがもつ世界新記録とは、2秒以上差の差がある。

 さらに木村にとって“不気味”なのが、Yangが今シーズンのランキングに入っていないということだ。スランプに陥っているのではなく、大会に出場していないのだ。中学時代から木村を指導する寺西真人コーチによれば、「おそらくオフをとっていて、泳いでいないだけ」だという。しかし、アジパラには出場してくると寺西コーチはにらんでいる。もし、木村との対決が実現すれば、木村にとって本当の意味での“現状”が映し出されることになる。そして、2年後に迫ったリオデジャネイロに向けて、世界王者との勝負がスタートする。

「Yangとの差が決して小さくないことはわかっています。でも、今はとにかくそれを目標にしてやっていくしかない。何としても埋めるしかないなと思っています」と語る木村は現在、腕のかきと足の蹴りのタイミングや角度など、細かいフォームの修正を行なっている。そして、ロンドンでYangに引き離された後半の強さを求めているという。
「後半、どれくらい粘れるかということ。とはいえ、前半に比べては落ちてくると思うので、その中でどれだけ水に乗れている感を感じることができるかを課題としています」アジパラでは後半の泳ぎに注目したい。