国会質問も議員立法も質問主意書もない「オールゼロ議員」、64人全氏名を公開!

国会の中には、質問も議員立法も行わない「オールゼロ議員」がいる

NPO法人「万年野党」では、国会議員の国会での活動をデータを元に公表しようと、『国会議員三ツ星データブック』を発行しており、この事については、これまでも、コラムに書いてきた。

我々が、そもそもこの様に国会議員の活動データを集積しようと思ったキッカケは、「任期中に1度も質問しない議員が、それなりにいる」という事実からだった。国会議員の中には、この国会質問を1回もしないどころか、議員立法も質問主意書も1回も提出しない、「オールゼロ議員」ともいえる議員がいる。

今回は、こうした議員にスポットライトを当てて紹介していく事にしよう。

質問数ゼロ、議員立法ゼロ、質問主意書ゼロの上、さらに大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長といった要職についていない議員を「オールゼロ議員」とした

図表1:「オールゼロ議員」の政党別割合

参議院242議席のうち、「オールゼロ議員」に当たるのは、わずか6人だけだった。

数少ないその6人となったのは、江田五月 議員(民主・岡山・4期(+衆議院4期)・73歳)、山東昭子 議員(自民・比例・7期・72歳)、榛葉賀津也 議員(民主・静岡・3期・47歳)、松山政司 議員(自民・福岡・3期・55歳)、柳田稔 議員(民主・広島・3期・59歳)、柳本卓治 議員(自民・大阪・1期(+衆議院6期)69歳)だ。政党別で見ると、自民が3人、民主が3人だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら