[裏方NAVI]
細谷理(ラケットストリンガー)<前編>「錦織圭、全米快挙の舞台裏」

「飛ぶ鳥落とす勢い」とはこのことを言うのだろう。今夏のテニス全米オープンで、日本人としてグランドスラム初の決勝進出を果たした錦織圭は、約2週間後のマレーシア・オープンでツアー5勝目を挙げた。さらに休む間もなく出場した楽天ジャパン・オープンでも、2年ぶり2度目の優勝を果たした。3大会連続でファイナリストとなり、世界ランキングは全米前の11位から、6位(13日現在)にまで浮上。トップ8のみに出場が許される11月のツアー・ファイナル出場も現実味を帯びてきた。その錦織のプレーをアマチュア時代から陰で支えてきたひとりが、ストリンガー・細谷理だ。

想定内だった錦織の決勝進出

 今年の全米オープン、例年通り大会のオフィシャルストリンガーを務めた細谷のスケジュールが大きく変わったのは、9月3日(現地時間)のことだった。その日、男子シングルスの準々決勝が行なわれていた。錦織は4回戦のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)戦に続いて、4時間を超える死闘を繰り広げていた。相手は、今年1月の全豪オープン覇者、スタニスラス・ワウリンカ(スイス)だ。実はこの日、細谷は最終日の予定で、翌日には機上の人となるはずだった。

 だがこの日、錦織がワウリンカをフルセットの末に破り、日本人にとって実に96年ぶりとなるベスト4進出を果たしたことで、細谷は帰国を延ばしたのである。
「僕のほかにもオフィシャルストリンガーはいましたから、強制的に残らなければいけないということではなかったんです。でも、周りからも『残った方がいいんじゃないか?』という雰囲気がありましたし、自分としても4回戦を突破した時、すでに『もしかしたら、準々決勝以降も残ることを考えなくてはいけないな』ということは頭にありました。もう、最後までやるしかないな、と思いましたね(笑)」
 何より錦織が、細谷が残ることを望んでいたのだ。

 細谷にとって、錦織の決勝進出という快挙は想定内のことだった。トップ10プレーヤーのみならず、ここ1、2年はノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)の“ビッグ4”からも白星を挙げるようになっていたため、細谷は錦織がグランドスラムのファイナリストになる日はそう遠くはないと感じていたからだ。

 さらに細谷は、今大会は好条件がそろったことも理由として挙げた。
「私の個人的な考えですけど、ここ数年の世界のテニスを見ていると、故障明けというのは意外とチャンスなのかなと。休んで、体がフレッシュな状態で臨めることが大きいんだと思いますね。ただ圭はどちらかというと、しっかりと休みをとって、というよりは、試合までの間に練習で追い込んで、そこから上げていくタイプ。だから、今大会はどうなのかなとは思っていましたが、休んだことがプラスに働いたみたいですね。それと、今回は組み合わせも良かったと思うんです。1回戦、2回戦、3回戦と、うまい具合に徐々に相手のレベルが上がっていった。そういうのも、あったんじゃないかなと思うんです」
 準決勝までの対戦相手のランキング(当時)を見ると、176位、48位、26位、6位、4位、1位と、きれいに上がっている。本来なら大会前に調子を上げていく錦織だが、それを実戦で行なうことができたのだろう。