「不都合な真実」隠し、地方統一選重視の安倍政権は
「COP21」で国際的孤立必至

国連本部で開かれた気候変動サミットで演説する、レオナルド・ディカプリオ photo Getty Images

地球温暖化の防止を目指す「国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)」の交渉が再び大きなヤマ場を迎えつつある中で、日本政府の煮え切らなさが際立ってきた。

地方統一選へ「不都合な真実」を隠す日本

当然ながら、こうした状況に危機感を募らせている専門家は多い。筆者の取材にも匿名を条件に、「これ以上、問題を先送りし続けて日本だけが自国の対応を示すカードを切れずにいると、肝心の主要国間の駆け引きに乗り遅れかねない」とか「この時期は参加各国の本音を探り出さなければならないのに、後手に回っている。米中に梯子を外される結果となった京都議定書の二の舞にならないか不安にならざるを得ない」などと漏らす向きがある。

政府が煮え切らない理由は、来年4月に統一地方選挙が迫っていることだ。二酸化炭素(CO2)の排出削減目標作りに不可欠な原発依存度の実態を、投票前に明らかにするのは、有権者の支持を失いかねない行為と政府・与党は慎重になっているという。

一昨年発足した安倍政権は、昨年の参議院議員選挙への配慮から民主党政権の原発を巡る乱暴な政策の是正を先送りし、その結果、抜本策を講じられない状況に自らを追い込む失敗を犯した。これ以上、不都合な真実に蓋を続けようとして、更なる事態の悪化を招くことだけは避けてほしいものである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら