エバーノート開発者会議に見る「モバイル時代の新仕事術」
エバーノートEC4の会場風景 (以下、すべて筆者撮影)

90年代、米マイクロソフトはワープロや表計算などで効率的な仕事を提案し一世を風靡した。しかし、ITの主役がパソコンからスマホ/タブレットに代わるなか、仕事のやり方にも「新たな方向」が求められている。

クラウド・ストレージのエバーノート(Evernote)社は、そうした新時代の仕事術を追いかける企業の一つだ。今回は、先頃サンフランシスコで開催されたエバーノート開発者会議「EC4」をレポートしながら、同社が提案する「モダン・プロダクティビティー」を紹介してみたい。

仕事術の4大要素は古来から同じ

エバーノートは、日本で人気の高いクラウド保管サービス。クリック一つで文書、写真、ビデオ、スライド、音声、ウェブ・ページ、名刺など、あらゆる情報をクラウドに保存してくれる。同社の強みはタブレットやスマホなど多彩なモバイル端末で利用でき、保存したコンテンツも共有できる点だろう。

エバーノート開発者会議EC4の初日。基調講演に登場した同社の創業者フィル・リービン(Phil Libin、CEO)氏は、古びたタイプライターやそっけない書類キャビネットなどを映したスライドを前に「昔から仕事のメタファー(暗喩)は変わらない」と話し始めた。

タイプライターは「綴ること(Write)」を象徴し、書類キャビネットは「収集(Collect)」をあらわす。つまり、情報を「書き取り、収集し、検索し、発表する」ことは、職場でも家庭でも古来変わらないという。

モバイル時代に合った新しい仕事術を追い求めるエバーノートにおいても「この4大要素はかわらない」と指摘する。

"コンテキスト"を解説するエバーノートの創業者フィル・リービン(Phil Libin、CEO)氏
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら