雑誌
普通免許で乗れる特殊車両の世界

ベストカー読者なら多くの人が持っている普通自動車免許(以下普通免許)。現行の制度で取得した普通免許で運転できる車両の範囲は車両総重量5000㎏未満、最大積載量3000㎏未満、乗車定員10人以下となっており、ハイエースの10人乗りワゴンや多くの小型トラックも運転することができる。さらに普通免許を持っていれば原付や小型特殊自動車、トライクに代表される三輪自動車、トヨタ車体のコムスのような超小型車も運転可能だ。

このなかで普段、特に意識しないのが小型特殊自動車。小型特殊自動車とは農業用のトラクターなどが属する左の表の範囲に入る特殊自動車で、ナンバーを取得できるものを登録すれば公道の走行がOKなのだ(ただし、その車両で作業をするには資格がいる場合も多々あり、公道での移動と作業の見分けがつかないものはナンバーが付いていても普通免許だけでは公道での走行が違法となることもあるので要注意)。なお小型特殊自動車の枠を超える特殊車両は大型特殊自動車に分類され、大型特殊免許が必要。大型自動車免許で大型特殊車両は運転できないのでこちらも要注意だ。

そういったことを踏まえて普通免許で運転できる車両を探すと意外に多く、楽しそうなものがたくさんある。ここではそんな車両たちを紹介していこう。生活が変わるかも知れないぞ!

市場内を機敏に駆け回る!
ターレット型構内運搬車

関東機械センター マイテーカーBN-5
価格=非公表

俗に「ターレ」と呼ばれているターレット型構内運搬車は見たことがない人も多いかもしれない。ターレは運転台に立ち乗りで運転する三輪トラックで、市場などでの構内運搬用に使われている。ほとんどの車種が小型特殊登録可能となっており、公道を走ることもできる。最近はガソリンエンジン車に加え、市場内の空気を汚さないため、天然ガス仕様やEV仕様も増えつつある。

関東機械センターのマイテーカーBN-5の荷台は長さ1900㎜×幅1100㎜という大きさで、最大積載量は1000㎏(公道走行時500㎏)。

「超狭路を通って近所まで大きな荷物を運ばなければならない」という人なら便利な乗り物だ。