拡大するグーグルグラス活用最前線---聴覚障害者のための字幕アプリも登場

さまざまなビジネス現場での活用が広がりつつあるグーグルグラス。

最近では聴覚障害に悩むユーザー向けのアプリが公式アプリリスト「MyGlass」に登場したことも話題になった。連載第3回目となる今回は、さらに分野を広げ、活用の最前線をお伝えしたい。

聴覚障害者向けアプリ:Captioning on Glass

聴覚障害者のコミュニケーションを助けるアプリとして話題なのが「Captioning on Glass」。ジョージア工科大学の研究チームが開発したこのアプリは、発話者の言葉をリアルタイムでテキストに変換し、グーグルグラスのモニターに表示することができる。"会話を字幕化するアプリ"として話題だ。

「Captioning on Glass」は同名のアプリをグーグルグラスとスマートフォン(現状ではアンドロイドのみ対応)にインストールして使用する。操作の流れは下記の通り。

[1] 難聴ユーザーがグーグルグラスを着用。グラスとペアリング(同期)したスマートフォンを発話者(会話の相手)に渡す。

[2] 発話者はスマホの専用アプリで"Tap to talk"ボタンを押し、伝えたい内容を話す。発言内容は音声認識機能でテキスト化され、グラスとスマホにリアルタイムに表示される。

[3] テキストが誤変換された場合、自動的に5つ表示される修正候補から選択するか、編集ボタンから手動で修正する。

出典:Captioning on Glass(CoG)

アプリの開発のきっかけは開発チームを率いるジム・フォリー教授自身が、「最近耳が遠くなってきたから」とのこと。

使用者が老眼である場合にも配慮し、テキストはその場で拡大・縮小可能という配慮も行き届いている。「Captioning on Glass」はすでにグーグルグラスの公式アプリリスト「MyGlass」に掲載され、スマホ側にインストールする同名アプリもGoogle Playから無料でダウンロード可能。

開発チームは今後、このアプリをベースとして翻訳アプリの開発にも着手。英語、スペイン語、フランス語、ロシア語、韓国語、日本語に対応を進めている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら