[BCリーグ]
新潟・青木智史「悔いなき野球人生、すべてをかけた最後の1年」

 9月24日、群馬ダイヤモンドペガサスとの地区チャンピオンシリーズに敗れ、新潟アルビレックスBCの2014年シーズンが終了しました。それは僕の野球人生のファイナルの時を迎えたことも意味していました。もちろん、優勝することができなかったことに対しては、非常に悔しい気持ちがあります。ただ、個人としては悔いなく野球人生を終えることができ、今はすっきりした気持ちでいます。そして、こんなふうに引退の時を迎えられたことをとても感謝しています。

 新潟には2008年から7年間在籍し、お世話になりました。振り返ると、とても大きく成長させてもらった7年間でした。新潟では4人のNPB出身監督との出会いがありました。芦沢真矢さん(08~10年)、橋上秀樹さん(11年)、高津臣吾さん(12年)、内藤尚行さん(13~14年)です。それぞれに、さまざまなことを教えていただき、野球人としてのみならず、ひとりの人間として成長させていただきました。

 7年間で特に培われたのは、プロとしての覚悟だったように思います。僕は高校を卒業してすぐに18歳で広島カープに入団し、プロの世界に入りました。しかし、甲子園経験もなく無名高校出身の僕には、「プロとは何ぞや」ということが、まったくわかりませんでした。「プロとしてどういう気持ちをもたなければならないのか」「どういう言動をしなければならないのか」ということが、正直広島時代の3年間ではわからないまま、戦力外通告となったのです。

 しかしその後、海外の独立リーグや日本の社会人野球、そしてBCリーグで年齢を重ねていくことで、いかにプロとしての覚悟が重要か、そしてそれなくして成長はないということを知りました。そのプロとしての覚悟は何なのか――。それは自分の意志をしっかりと持ち、言動に責任を持つということです。広島時代の僕には、それがありませんでした。無名の高校から、それこそ右も左もわからない状態でプロに入り、プロと自分とに雲泥の差があることを思い知らされた僕は、ただ周囲から言われたことをやるだけ。課されたノルマを達成させるだけで精一杯の状態で、その場をしのぎ切るだけでした。

 3年目のオフ、戦力外通告をされた時、「やっぱりな」という気持ちと同時に、何もできなかった自分に対しての後悔が出てきました。BCリーグでは、その経験を踏まえたうえで「もしもダメだったら自分の責任」という気持ちでずっと過ごしてきました。そう考えると、自然と自分が今、何をやらなけれいけないのかがわかってくるのです。