【WORLD REPORT】
未来を明るく照らす「8つのプロジェクト」
日本の「匠の技」が、世界を笑顔にする!

国際協力の最前線で広がる日本ならではの技術が、世界と日本の明日を変えていく。

提供:外務省 www.mofa.go.jp/mofaj/
Text by COURRiER Japon

【解説】大野 泉 
政策研究大学院大学教授。専門は経済開発、開発援助政策、国際協力。
国際開発動向の分析や東アジアの開発援助経験の対外発信、ODA改革に向けた提言を取り組む。

縫製を教える職業訓練が女性たちの未来をつむぐ

裁縫コースの教室では、足踏みミシンがカタカタと鳴る懐かしい音が響きわたる

ナイジェリア/JICA専門家派遣

 ナイジェリアでは女性の進出を促進しようと、政府主導で80年代に「女性センター」が全国に700ヵ所以上も設立された。識字教育や職業訓練を目的としていたが、あまりに数が多すぎて管理が難しくなり、大半が機能しなくなった。そこで、95年に全国の女性センターを管轄する本部を設立。組織の管理運営を見直すため、10年前からJICAの専門家チームが指導に当たっている。

 その一人である甲斐田きよみは、アフリカの女性支援のために20年以上働き続けている。甲斐田が担当するセンターの一つ、ナイジャ州にあるパイコロ女性センターで、職業訓練を受ける女性は約80人。コースでは、主に縫製、編み物などの手仕事を教えている。ナイジェリアの女性の服はほとんどがオーダーメイドなので、縫製の仕事の需要は多い。

「女性が家でも働ける縫製の職業トレーニングは、現地の状況にぴったりです」(大野)

 州女性省の局長は「今後もニーズにあわせたコースを作っていきたい。我が国の未来には女性の力が必要です」と顔をほころばせる。
 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら