[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「元NPB選手に頼らないチームを」

来季の陣容は不透明

  今季は前後期とも3位。前年まで4期連続最下位だったことを考えれば一歩前進と言えるかもしれません。ただ、他球団と比較すると、チーム力の差はまだまだ大きいのが実情です。チームの投手成績、打撃成績をみれば、多くの数字で最下位やワースト。これではなかなか上位を狙えません。

 開幕前から僕は「1年間がキャンプになる」と言ってきました。トレーナーが年間を通じて体力づくりのメニューを組み、選手たちは悲鳴をあげていました。今も高知に残っている選手は30~40分かけて1000球の打ち込みをさせています。選手たちに与えられた時間は決して多くありません。本気で野球で上に行こうと思ったら、他のことをやる暇はないはずです。

 おかげで選手たちも春先と比較すれば体力がつき、技術も上がってきました。しかし、「インパクトの瞬間をしっかり見て打て」という指示ひとつとっても、1年間かけないと修正できない選手もいます。取り組むべき課題は山積みなのに、ひとつのことに1年もかけているようでNPB入りが近づくはずもありません。ちょっと頑張れば行けるとプロの世界を舐めているのか、それとも、このリーグでそこそこ成績を残すことに満足しているのか……。いずれにしても個々の選手が意識を変えないことには成長はないでしょう。

 独立リーグは選手の入れ替わりが多いのが特徴です。河田直人のようにNPBスカウトからリストアップされ、晴れてドラフト指名を受ける可能性のある選手もいれば、自ら限界を感じ、チームを去る人間もいます。高知で10年プレーした梶田宙が引退し、他にも主力選手が何人も退団しそうな現状です。外国人も流動的な中、来季はどんな陣容になるのか、まだ見当がつきません。せっかく0から1に積み上げたものが、むしろマイナスになってしまう可能性だってあります。