みずほ銀行スキャンダルの告発者「金融業・佐藤昇」が語る
数百億円「詐取」元行員の背後関係

事件の闇の解明はどこまで進むか                     photo Getty Images

みずほ銀行元行員のOが、「銀行が100%元本保証します」と断言。月に3%以上という法外な金利を払い続け、当然のごとくに破綻した前代未聞の詐欺事件が、警視庁捜査2課によって解明されることになった。

薬師寺保栄は1億3000万円の詐欺被害

告発したのは、都内の資産家で被害金額は2億6000万円。本店応接室で、審査部審査役の名刺を持つOに、「特別枠のファンドです」と勧められて投資。月々3%の配当がキチンと届けられたので安心して投資額を増やしていったところ、突如、支払いが止まり、解約にも応じないまま、1億5000万円が損失となり、Oは退職した。

事件構図はシンプルだが、話題を呼ぶ人脈で溢れている。被害者のなかには、6日発売の『週刊ポスト』で、1億3000万円の詐欺被害を受けたことを明かした元WBC世界バンタム級王者の薬師寺保栄がいる。

また、Oが「こんな人も投資家のなかにいます」と、セールストークで使った人物のなかには、1000億円以上の相続財産を受け取った金融会社オーナー夫人、化粧品会社代表、消費者金融元代表夫人など、多彩な顔ぶれが揃っている。

ただ、事件の背後には謎が多く、警視庁は告発を受けてもなかなか受理しなかった。

それを受理の方向に持って行ったのは、金融業者の佐藤昇(42歳)である。11年8月にOと知り合い、融資を期待してつきあうようになった。だが、融資は受けられないまま、12年8月、Oに「つなぎ資金」を頼まれて3000万円を貸したところ、資料や書類は偽造されたもので、結局、佐藤も詐欺被害者となった。

Oの被害者は数十人以上で、その多くが、「特別枠のファンド投資」を信じた。金融のプロである佐藤とは、動機も状況も異なるが、Oへの怒りは同じだ。