「データで見る国会議員の評価」〜最新、国会議員の質問回数ランキングを公開〜
187国会に注目を   photo Getty Images

1月から6月まで行われた最新の2014年通常国会のランキング

いよいよ先週から臨時国会(187国会)が開会となった。この機会に、政治や国会に関心を持ってもらっては、どうだろうか。そのキッカケの1つに、国会議員を活動データを元に評価したランキングを紹介したい。

あくまでも1つの評価軸でしかないが、テレビなどでよく目にする議員ばかりが必ずしも優秀な国会議員であるとは限らない、人知れずも国民のためにと熱心に働いている国会議員もいる。こうした国会議員にも目を向けてもらうキッカケにもなればと思う。

国会議員の質問については、その「質」についても重要であるが、今回も、まずは、回数という客観的なデータで、どんな議員が活躍しているのかを知ってみてはどうだろうか。

最新の2014年1月から6月まで行われた通常国会(186国会)での、国会議員質問回数ランキングの上位を紹介する。

186国会において、衆議院で最も多く質問したのは、54回の塩川鉄也 議員(共産・比北関東)。次いで2位は、42回の中島克仁 議員(みんな・比南関東)、3位は、39回で井坂信彦 議員(結い・比近畿)だった。

質問回数1位だった塩川議員は、1961年生まれの52歳。東京都立大学卒、日高市役所職員、党職員を経て2000年に初当選、現在5期。党の中央委員、経済産業部会長、総務部会長(郵政担当)などを務める。これまでの質問回数の推移を見ると、1年前の2013年通常国会では質問回数47回の2位、臨時国会でも18回の4位と、常に上位の常連でもある。

2位の中島議員は、1967年生まれの47歳。帝京大学卒、開業医を営みながら2012年に初当選、現在1期。党の政調副会長などを務める。2013年の通常国会で20回の23位、臨時国会で10回の18位と少しずつ順位を上げ、今回一気に2位となった。

3位の井坂議員は、1974年生まれの40歳。京都大学卒、神戸市議会議員、全国若手市議会議員の開会長などを経て、2012年に初当選、現在1期。2013年の通常国会で20回の23位、臨時国会で5回の57位から一気にジャンプアップとなった。

今回の上位3人を見ると、1位こそ上位常連の塩川議員だったが、2位3位には、1期生が並んだ。こうした新しい議員が活躍しているという事も、データから明らかにする意味はあるのではないかと思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら