[障がい者スポーツ]
伊藤数子「2020年を成功させるために ~その1:観客編~」

 今年は、1964年の東京オリンピック・パラリンピックからちょうど50年目のメモリアルイヤーです。開会式が行なわれた10月10日の前後には、50周年を記念したイベントが各地で行われますが、これは2020年東京オリンピック・パラリンピックへの意識が高まるいい機会となるはずです。そこで6年後、特にパラリンピックを成功へと導くには、今何が必要なのかを改めて考えてみます。

 まず、成功を考えるにあたって、どのような大会が「成功した」と言えるのでしょうか。競技の盛り上がりはもちろん、世界中から来日する選手や観客への印象、さらに大会後に残すレガシー……と、さまざまな視点があります。そこで今回はまず第1回目として、名勝負誕生に不可欠な“観客”について考えます。

“完売”と“満員”は似て非なるもの

photo/ Shugo Takemi

 2年前のロンドンパラリンピックは、史上最多の270万のチケットを完売し、大きな成功を収めたと言われています。しかし、チケットが完売したからといって、すべての競技場が観客で埋まっていたかというと、実はそうではなかったのです。

 最も驚いたのが、車いすテニスです。テニスの発祥の地である英国で、男子シングルス決勝となれば、高い注目を集めるのは必至だと考えていました。ところが、実際は違いました。明確な数字はわかりませんが、見た限りでは、スタンドは半分埋まっていたかどうか、というほどの観客しかいなかったのです。チケットの完売と会場の満席はイコールではない、ということの証左です。つまり、チケットの売れ行きがそのまま満席に結びつくとは限らないということです。

 例えば、企業や団体がまとめてチケットを購入するケースは少なくありません。しかし、果たしてそのチケットがすべて有効に使われるかというと、そうではない場合もあります。なぜなら企業や団体からチケットを入手したとしても、その人自身がパラリンピックに行きたいと思わなければ、足を運ぶことはないからです。だからこそ、いかに「チケットを買って、会場に観に行きたい」という人を増やすことができるか、が重要なのです。