「文章力は、伝達力の基本」
【第1回】文章は「起承転結」で書いてはいけない!

〔PHOTO〕Thinkstock by gettyimages

文章力は、学んで身につけなければいけない

先日、小学生の作文について調査をしていて愕然としました。「起承転結の文章」が"いい作文"として、模範にされているのです。ぼくは文章を書くことを仕事にしていますが、そんなぼくでも「起承転結」で文章を書いたことはありません。

起承転結で書いていいのは小説や随筆などプロが読ませる文章だけです。実社会やビジネス現場では、「起承転結」で表現してはいけません。それでは、ものすごくわかりづらくなってしまいます。

ためしに、社内の報告文書を起承転結で書いてみたらよくわかるでしょう。大事なのは「結」で、「結」を最初に書かなければ内容がうまく伝わりません。

しかし、そんなわかりづらい文章が小学校の作文では「正解」とされている。こんな文章を「理想」として教えていいのでしょうか? 一体、小学生の作文は何を目指しているのでしょうか?

そんなふうに教えられているから、国語が苦手になるし、文章を書くのが苦手になっちゃうんですよね。作文コンクルールに入賞できなくても、将来にわたって役に立つ文章を教えるべきだと、ぼくは思います。

しかし、その前にまず、大人であるぼくらが文章力を身につけなければいけない。そう強く感じました。

日本人が日本語の文章を書くことは、それほど特殊な能力を必要としません。見かけ上は。そのため、多くの人が「わざわざ文章力など身につけなくても問題ない」と感じていることでしょう。

しかしそれは「誤解」です。考えてみると、ぼくらは文章の書き方をきちんと指導されてきませんでした。夏休みの読書感想文は書きましたね。でも、その文章の添削をしてもらいましたか? そもそも感想文の書き方を習いましたか? 少なくとも、ぼくは習っていません。

メールを1本書くのに1時間かかる人がいます。せっかく書いた文章が支離滅裂で、「で、この文章、何が言いたいの?」と言われてしまう人がいます。これでは、自分の言いたいことが、相手に伝わりません。そこで、これから数回、文章力を身につけるためにどうすればいいかをお伝えしていきます。

ぼくは本業の作家で、年に数冊の書籍を上梓しています。1冊あたり8万字~10万字の原稿を書きますが、執筆期間は1ヵ月もかかりません。作家業のほかに法人を2つ経営していますので、その仕事をこなしながら執筆しています。ですが、それでも1ヵ月あれば1冊の本を書きあげることができます。(もちろん、書くためのネタ集めや経験を整理することはその前に行っています)

いったい、どうやっているのか? どうすれば思い通りの文章を速く書くことができるのか? 今回の連載では、そこをお伝えしていきます。

初回は、みなさんが陥りやすい"罠"、"悪い癖"を紹介します。これに当てはまっていたら、いくらがんばっても「いい文章」を速く書くことはできません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら