[ボクシング]
近藤隆夫「次にローマン・ゴンサレスに挑む日本人は誰か?」

真っ向勝負を挑んだ八重樫

被弾しながらも八重樫が反撃のパンチを繰り出すと、場内は大いに沸いた。

 試合を観終えて、これほど清々しい気分になったのは久しぶりだ。勝敗を越えて多くの人の心を揺さぶったに違いない。9月5日、東京・代々木第二体育館で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ、八重樫東(大橋)vsローマン・ゴンサレス(ニカラグア)のことである。

 超満員の会場は熱狂に包まれた。開始のゴングが鳴らされる前から“勇気ある男”八重樫に熱い声援が飛び、リングアナウンサーから彼がコールを受けると万雷の拍手が鳴りやまない。皆、八重樫の勇気を何とか後押ししようとデング熱騒動など忘れて代々木に集まっていた。

 決してスタイリッシュでもスマートなタイプでもない王者・八重樫は、ここまでプロアマ通算126戦無敗を誇る“最強の挑戦者”ゴンサレスとリング中央で敢然と打ち合った。強打に臆せず真っ向勝負だ。

 前日の計量後には、「逃げまくりますよ」と大橋秀行会長と口を合わせていたが、それは相手の気持ちを揺さぶるためのポーズに過ぎない。最初から真っ向闘うことを決めていた。

 だが2人の間には、パンチの威力と正確性に差がある。腕と腕が交錯し続けていても、相手にダメージを与えていたのはゴンサレスだった。八重樫は9ラウンドに力尽き、自軍コーナーに背中から倒れて敗れる。

 結果は大方の予想通り。けれども、試合の内容は予想を大きく上回る熱いものとなった。八重樫は最強の挑戦者に単にぶつかっていき、玉砕したわけではない。真っ向勝負の中で一発を当て、そこから活路を見出す賭けに出て、その結果、散ったのだ。美しい、且つ意義ある闘い――。